僕はキャンプ場に行くと昔から他の方のサイトが気になってしかたがありませんでした。特に気になってしまうのは、サイトのレイアウト。キャンプサイトの位置や使い方、テントとタープの配置や車とタープの位置関係など、レイアウトひとつでそのキャンプが快適にも不快にもなってしまいます。今回は、キャンプ歴40年のキャンプライターである僕が教える、『サイトの選び方とレイアウト』についてお話したいと思います。

レイアウトはキャンプの醍醐味! それぞれのキャンプスタイルが生きるスタイリングを

キャンプに来て他のサイトが気になったことがある方は多いでしょう。「隣はどんな方なのかな〜?」「どんな道具を使っているのかな〜?」「どんなスタイルでキャンプされるのかな〜?」

キャンパーの中にはベテランもビギナーもいて、すごいな〜と思うサイトも、自分も昔はそうだったな〜と懐かしく感じてしまうサイトもあり、キャンプスタイルは千差万別。見ていて飽きないですよね。

我が家は愛犬のボーダーコリーと一緒なので、キャンプ場で同じ犬を連れている方がいると話しかけて仲良くなることが多く、ちょっと声をかけ合ってキャンプ談義に花が咲くことも。そういうふれあいも、キャンプの醍醐味のひとつですよね。

キャンプでのレイアウトは、キャンプスタイルを表現するもののひとつ。今回はキャンプを快適に過ごすためのキャンプサイトの選び方とレイアウトのしかたについてご紹介していきます。

【キャンプ場・キャンプサイトの決め方】 自然を味方にすればキャンプはより快適に

川の近く、湖畔、林間、海の近くなど、キャンプ場にはいろんなロケーションがあり、それぞれ楽しみ方があります。

海水浴をしてキャンプ、湖でカヤックしながらキャンプ、魚釣りをしてキャンプ、木陰でキャンプ。夏でも山の上で涼しくキャンプ。

それぞれのキャンプ場に合った過ごし方があると思いますが、キャンプ歴40年のキャンプライターである僕の経験上、季節によってキャンプ場を変えることで快適に過ごすことができます。

●季節やロケーションによってキャンプはこうも変わる

みなさんは、こんな経験はありませんか?

  • 夏、お盆に海水浴をしながらキャンプをしようと思ったけど熱帯夜で眠れない
  • 秋、河原でキャンプをしていて風が強くてテントが飛んでいく
  • 冬、標高の高いキャンプ場で大雪に見舞われ凍える

こんな経験をしたこと……僕はあります!

もちろん、そんな過酷な状況を楽しむというのもキャンプスタイルのひとつだと思いますが、初心者ならまずは自然の法則と季節を味方にすることを意識してみましょう。そうすることで、快適なキャンプを過ごすことができます

●特に夏と冬のロケーションには注意しよう

自然を味方にするためには、自然を知ることが大事です。
特に暑い夏と寒い冬、このふたつの季節には注意してください。

【夏キャンプ場を選ぶポイント】

  • 川や湖のほとりにあるキャンプ場を選ぶ
  • できるだけ標高の高いキャンプ場を選ぶ

夏を涼しく過ごそうと思ったら、川や湖のほとりが良いでしょう。水が蒸発する時に気化熱を奪いますので、周囲より気温が低くなります。
また、水が蒸発する時に空気を動かすので、涼しい風がそよそよとふいてくれるのも川や湖畔キャンプ場の良いところです。

また、100m標高が上がれば0.6度ほど気温が下がります。1000mの山なら標高の低いキャンプ場より約6度は気温が低いので、寝苦しい夜も快適に過ごすことができるでしょう。

【冬キャンプ場を選ぶポイント】

  • できるだけ標高の低いキャンプ場を選ぶ
  • 風を遮ってくれる林間キャンプ場を選ぶ

冬は標高が高いと寒いため、標高の低いキャンプ場を選ぶのがおすすめです。
また、風にも注意が必要。丘の上にあるキャンプ場や川のほとりのキャンプ場は強い風が吹くことがあります。そんな時は、木が多い林間キャンプ場だと風をさえぎってくれますよ。

このように、季節や自然環境によってロケーションを見ながらキャンプ場を選ぶと、より快適に過ごすことができるようになります。

【レイアウトの決め方】天気を読めばキャンプはより快適に

キャンプ場に行く時に、みなさんも天気予報を気にされることでしょう。

雨は嫌ですよね。暑いのも寒いのも風が強いのも嫌ですが、そんなことを言っていたら自然の中でキャンプはできません。

自然の中で快適にキャンプをするためには、キャンプ場の選び方だけでなく、レイアウトも重要です。そして上手にレイアウトするには、天気を読むことが肝心です。

天気予報を見ると、最高・最低気温と、風の強さ・向きがわかります。

テントやタープなどを張る前に、夜は何度になり、どちらからどんな強さの風が吹いてくるのを予測してから荷物を広げましょう。

●ポイント1)リビングダイニングスペースからレイアウトを決めよう

キャンプ場で一番長く過ごす場所は、椅子とテーブルをセットしたリビングダイニングですよね。そこが快適なのが最も重要なので、まずリビングダイニングスペースを中心にテントやキッチンの配置を決めましょう。

●ポイント2)オートキャンプサイトの場合は車を置く位置も肝心

オートキャンプサイトの場合、車の位置もレイアウトを決める上での大事なファクターとなります。

荷物の出し入れがしやすい位置というだけでなく、風が強ければ車を盾にして風をしのぎ、暑ければ風が抜けるように車とタープの向きをセットするだけで快適さが段違いです。

●ポイント3)キャンプ場に到着したらまずは椅子を出してひと休み

キャンプ場に到着してすぐにテントを立て始める方もいらっしゃいますが、まずはテーブルと椅子を出して一息ついてみましょう。

そうすると、風の流れや日の当たり方、地面の柔らかさや角度などが把握でき、おのずとサイトの向きが決まってきます。

リビングダイニングの位置として最も最適な場所を選んだら、その場所を中心にして、テント、キッチン、車の位置を考えると、気持ちの良いレイアウトになります。

●ポイント4)雨の場合は水はけにも注意しよう

もし天気予報が雨だった場合は、水はけも気にしなければなりません。

昔、夜中急に雨が降ってきて、テントの下に水が溜まりビショビショになってしまったことがありました。

きちんと区画が分かれているキャンプ場の場合は良いのですが、フリーサイトの場合、雨が降ると水が溜まってしまうエリアもあります。

そのような場所は避けてサイトを設営しましょう。

タープを買い忘れていませんか? タープは雨・風・霜・露をしのぐ最も重要なギア 必ず使うべし

サイトウォッチングをしていると、タープを使っていない方が結構いらっしゃいます。

タープを使わずにギアをそのままにして寝てしまい、朝起きたらビショビショに濡れてしまって大変なことに!となってしまっている方をよく見かけます。

椅子が濡れれば乾くまで座れませんし、炭や薪、靴や上着が濡れてしまうともう大変!

ビショビショになってしまう原因は、夜露です。

秋から春までは、昼間に蒸発した水蒸気が夜冷やされ、水滴となって雨が降った様に濡れてしまうのです。

朝夕の温度差が激しいほど、付着する水滴の量も多くなるので、春や秋が最も夜露がひどい季節です。

外に出しっぱなしにしても濡れないのは夏くらいではないでしょうか?
風が吹いているときも夜露に濡れることは少ないです。

張るだけでプライベートな空間を作ってくれるのがタープの役割ですが、日陰を作って涼しくしてくれたり、雨を防いでくれたり、夜露からギアが濡れてしまうのを防いでくれるという役割もあります。タープは、キャンプをする上で非常に重要なギアのひとつです。

タープの下で焚き火をすると幕に穴があいたり幕が炎上してしまう危険もあるので、焚き火を囲んでいる場合はしかたがないと思いますが、それ以外の場合には、寝る時に荷物をタープの下に移動し、夜露で濡れない様に気をつけましょう。

特に、濡れると困ってしまう薪や炭などは、寝る前に車の中にしまうのがベストです。

●タープやテントが飛ばされることも! しっかりペグで固定すること

夜、急に強い風が吹いてきて、テントが倒れたりタープが飛んで行ってしまっているサイトを時々見ます。

昼間は風もなく穏やかでも、夜になると強い風がふいてくるキャンプ場もあります。ペグが外れてテントやタープがバタバタとしているだけなら良いのですが、それが荷物に当たって倒れたり、ガラスが割れたり、焚き火台の火に燃え移ったりしたら大変です。

そうならないために、ペグはしっかり打ち込みましょう。

購入したテントの付属のペグがしっかりとした物であれば良いのですが、簡易的なペグであることも多いです。心配であれば、ペグだけ買い換えると良いでしょう。

僕は『村の鍛冶屋』のエリッゼステークを使っています。ペグが楕円で、力の掛かる方向により強い構造になっています。もちろん、抜けてしまうこともありません。抜くときにはひねれば簡単に抜けるので優れものです。

また、僕は風が心配な時や地面が砂で抜けやすい時には、ペグをXの字に打ち込み、抜けるのを防いでいます。

自然・季節・天気を知って適切なサイト選びとレイアウトを楽しもう

キャンプギアもどんどん進化し、テントもタープもより機能的に、より快適になりました。

ただ、キャンプは自然と対峙し、自然の中で楽しむもの。自然を無視した過ごし方をすればギアがどんなに良くなっても快適に過ごすことはできません。

自然を理解し、自然を味方にした過ごし方を見つけることが、アウトドアの醍醐味ではないでしょうか?

適切なサイトの選び方とレイアウト方法を取り入れて、より快適なキャンプを過ごしてみませんか?

▼こちらの記事もチェック▼