今回は筆者が普段愛用しているソロテント・FIELDOOR「パップテントT/C300」という軍幕型のテントについて紹介していきます。様々なブランドから出ているパップテントの中で、自分なりに比較して選んだこちらのテント。ポリコットン製で、焚き火好きにもおすすめです。それでは、「パップテントT/C320」のレビューをどうぞ!

ソロテントに! ポリコットン製のフィールドア「パップテントT/C320」はソロキャンプにおすすめ

筆者がソロキャンプで愛用しているのが、FIELDOOR(フィールドア)というブランドの「[パップテントT/C320]」です。

パップテントとは、軍幕テントとも呼ばれ、元々は軍用に使われていたテントのことを指します。

ただし、現在では軍用の物をそのまま使うというわけではなく、様々なアウトドアブランドから軍用パップテントと同じような構造のテントが多く出されています。

その無骨な佇まいから、ソロキャンパーから注目されているテントなんです。

私も同じようにパップテントに憧れていて、「初めてのソロキャンプテントにはパップテントを!」と考え、色々なパップテントを比較しました。

そんな中で私が選んだパップテントが、[FIELDOOR(フィールドア)の「パップテントT/C320」]です。

今回は、使ってみてわかった「パップテントT/C320」のおすすめポイントを紹介していきます。

フィールドア「パップテントT/C320」のおすすめポイント1:圧倒的なコストパフォーマンス!

まず第一に私が[フィールドア「パップテントT/C320」]をおすすめしたい点は、コストパフォーマンスの良さにあります。

●インナーテント付きで2万円以下!

こちらのテントは、専用のインナーテントもついて二万円を超えません。

他のパップテントですと、大体インナーテント無しで二万円を超える物が多くなってしまいます。

そして、同じブランドでインナーテントを買い揃えようとすると、プラスで10000〜15000円ほどかかってしまう物も…。

そう考えると、[フィールドア「パップテントT/C320」]はかなりのコストパフォーマンスの高さです。

●キャノピー用のポール付セットもお得!

さらに、前室を跳ね上げて屋根を作るための、ポール付きセットもあります。

セットで購入すると、別で買うよりもお得なのでおすすめです。

ポールを立てるためのロープは付いていないので、別で購入しておきましょう。

ロープは長めのボビンに巻きついているようなパラコードを買っておくと、テントの設営だけでなく、服やタオルなどを干したりと多種多様な使い方ができるのでおすすめです。

▼おすすめのパラコード

また、インナーテントは吊り下げ式で、フライテント(外側のテント)を立てて置けば、簡単に設営ができます。

昼は取り外して広々と使い、日が落ち始める時間帯や就寝前にサクッと付けても良いかもしれません。

フィールドア「パップテントT/C320」のおすすめポイント2:難燃素材のポリコットン生地!

次におすすめしたい点は、テントの生地です。

こちらのテント、生地が燃えにくいT/C生地(ポリコットン生地)となっています。

【T/C生地(ポリコットン生地)とは】

T/C生地(ポリコットン)とは、テトロン(ポリエステル)とコットン(綿)の二つの素材から作られている素材で、燃えにくく頑丈という特徴があります。

テントの生地が燃えにくいということは、つまり前室のすぐ近くで焚き火ができるということ!

ソロ用の大きくない焚き火台なら、前室の下でも焚き火ができました。

(ただし燃えにくいだけで、燃えないわけではないので注意しつつ自己責任でお願いします)

初心者キャンパーだったころはテントに穴を開けてしまったことがあったので、一つ難燃素材のものがあるとすごく頼もしいです。

●雨には耐えられる? 耐水圧428mmなので小雨程度なら〇

雨に関しては、このテントの耐水圧が428mmなので、小雨程度なら丸一日耐えられると思われます。

フィールドア「パップテントT/C320」のおすすめポイント3:スペースを有効活用できる!

三つ目におすすめしたい点は、二股ポールが使われていることにより、テント内のスペースが広い点です。

こちら、一見地味に思われますが、このスペースがとても便利です。

私はインナーテントの前にブランケットを敷いて地べたで過ごすスタイルなのですが、この空いている両脇のスペースに大きいダッフルバッグを置いて、枕代わりにして寝転がったりできます。

また、もう一方のスペースも空いているので、足を伸ばせる点が気にいっています。

他のパップテントですと、この両脇のポールが直線になっているので、このスペースはありません。

写真のように、全ての面を開閉することが可能なのもメリット。

先ほど紹介した難燃性の焚き火用タープとしても使うことができたり、暑い夜は両サイドを開いて通気性を良くしたりと、工夫次第で多種多様に使うことができます。

フィールドア「パップテントT/C320」のおすすめポイント4:冷気を阻むスカート付き!

最後におすすめしたいのは、これから段々と寒くなってくる時期に嬉しい、スカートがついている点です。

このスカートと呼ばれる余った布の部分があることのメリットとして、地面との隙間から入ってくる冷気の侵入を防いでくれる機能があります。

私は、寒い時期には寝る前に全ての面を閉めて中をヒーターで温め、コットを使い地面からの冷気を防ぎながら寝ようと考えています。

このスカートがあることが前提になりますが、テント自体がソロ用で小さいので、小型ヒーターでも十分に温められると思います。

もしお金に余裕があれば、電気毛布と持ち運びの出来るバッテリーを用意して、使ってもいいかもしれません。

※もちろん、ストーブなどを使う場合は一酸化炭素中毒には気を付けなければなりません。

寒い時期は虫もあまりいないため、快適に過ごせます。また、星空がきれいに見えるので、暖かい時期のキャンプとはまた違った楽しみがあります。

もしも冬のキャンプを考えているのなら、このテントはかなりおすすめです。

焚き火好きにぴったりなポリコットン製ソロテント! フィールドア「パップテントT/C320」

以上、私が今回お伝えしたかったフィールドアのパップテントの魅力になります。

夏は通気性が良く、冬は冷気を阻んでくれる。

オールシーズン使えて、かつポリコットン生地で頑丈。

ただ値段が安いだけではなく、その他のパップテントともちゃんと差別化ができている、お得なテントであることは間違いないと思っています。

ソロキャンプを始めようと考えている方に最初のソロテントとして、胸を張ってお勧めできるテントです。

▼ソロテントはこちらもチェック!