水辺のアクティビティや水遊びのシーンを記録に残すなら、防水カメラの使用がおすすめです。防水性能の高いカメラは水中撮影ができるのも魅力。そこで、ニコンやオリンパスなどのおすすめモデルをご紹介します!

用途に合わせて防水カメラの性能をチェック! 水深や手ブレ補正などを確認するのがおすすめ

●まずは防水性能&使用可能な水深をチェック!

防水カメラを選ぶときは、まず、どのくらいの防水性能があるかをチェックしましょう。

カメラに限らず、防水性能は「IPX」という記号で表記されます。その後ろに記載されている数字が大きいほど防水性能に優れている証拠。

IPXで表記される防水性能には0から8までの等級があり、8が最高値です。

そのため、水中撮影がメインならIPX8相当のスペックを持つ防水カメラがおすすめ。

また、防水性能とあわせて、防水カメラの使用が可能な水深の確認もお忘れなく。

水遊び程度なら、水深10mまでに対応していれば安心して使えます。

スキューバダイビングなどで水深が深い場所で撮影するときは、水深30m以上に耐えられるカメラを選びましょう。中には、水深50mまでの撮影ができるハイスペックなモデルも。

【ポイントまとめ】

  • IPX8の防水性能がおすすめ
  • 水遊び程度なら水深10mが目安

●初心者には手ブレ補正やオートフォーカス機能付きがおすすめ!

カメラの操作に慣れていない初心者には、手ブレ補正やオートフォーカスなどの機能が搭載されているモデルがおすすめ。

アウトドアではアクティブなシーンを撮影することが多く、写真がブレたりぼけたりしがちです。

水中で撮影するときも被写体にピントが合いづらいので、自動でピントを合わせたり、手ブレをおさえたりしてくれるモデルが便利。

手軽にきれいな写真が撮れるので、特に初心者におすすめです。

撮影した写真をその場で仲間とシェアしたり、SNSに投稿したり、といった場合は、スマホなどにワイヤレス接続できるWi-Fi機能付きのカメラが役立ちます。

【ポイントまとめ】

自分に必要な機能が搭載されているか、チェックしよう!

  • 手ブレ補正
  • オートフォーカス
  • Wi-Fi機能 など

ここからは、防水カメラのおすすめを4つ紹介します。

【おすすめ防水カメラ1】水深10mまで撮影可能! 大人気ニコンのCOOLPIX

水深10mまでの水中撮影ができる防水カメラ。

ボディにおしゃれなリゾート柄がデザインされていて、楽しい気分が盛り上がります。

防塵性能も兼ね備えていて、砂のビーチでの使用も安心。

また、耐衝撃性や耐寒性にも優れている機能的なモデルです。

Wi-Fi機能が搭載されているので、撮影した写真をすぐにスマホなどに転送できるのもうれしいポイント。

【スペック】

  • 重量:約177g
  • 防水性能:IPX8
  • 水深上限:約10m
  • 画素数:1317 万画素
  • ズーム倍率:3倍(光学)/4倍(デジタル含む)
  • 画焦点距離:30 mm (広角側) /90 mm(望遠側)
  • バッテリータイプ:リチウムイオン電池

フェミニンなフラワー柄もおすすめ。

【おすすめ防水カメラ2】軽量&コンパクトな手のひらサイズ! キッズ向け防水カメラ

重量50gほどと、超軽量な防水カメラ。

50mm四方、厚さ20mmとコンパクトサイズで、子どもの手のひらにおさまるアクションカメラです。

子どもが使えるモデルながら、水深30mまでの水中撮影にも対応。

防水ケース、ストラップ、USBケーブルなどの付属品も充実しています。

加えて、ヘルメット用ベルト、自転車用マウントなどもセット内容に含まれていて、さまざまなアウトドアシーンの撮影で活躍。

動画撮影、連続撮影、タイマー撮影など、多彩な撮影機能も充実しています。

【スペック】

  • 重量:約50g
  • 防水性能:IPX8
  • 水深上限:約30m
  • 画素数:5MP+1080P
  • ズーム倍率:-(光学)/4倍(デジタル含む)
  • 画焦点距離:-
  • バッテリータイプ:-

【おすすめ防水カメラ3】レトロ&おしゃれな写真に仕上がるのが魅力! 防水タイプの写ルンです

使い捨てできる、フイルムタイプのレンズ付きカメラ「写ルンです」にも防水タイプがあります。

アナログ写真が27枚まで撮影できます。

デジタル写真と異なり、独特なレトロな味わいに仕上がるのが魅力。また、現像するまでどんな写真が撮れているかわからないワクワク感も楽しめます。

水深10mまでの撮影が可能。

水中で撮影するときは、撮影距離範囲1〜3mが推奨されています。

【スペック】

  • 重量:約170g
  • 防水性能:JIS8級相当
  • 水深上限:約10m
  • 画素数:-
  • ズーム倍率:-
  • 画焦点距離:-
  • バッテリータイプ:-

【おすすめ防水カメラ4】ハイスペック希望の方におすすめ! オリンパスTough TG-6F

水深15mまでの防水性能があることに加えて、耐寒性、耐衝撃性、耐結露性、防塵性などにも優れているアウトドアカメラ。

水中に限らず、冬のアクティビティでの撮影など、過酷な自然環境下でも耐えられるタフモデルです。(耐低温-10℃)

4K動画撮影、Wi-Fi、GPS、4種類のマクロ撮影モードなどの機能が搭載されている多機能タイプ。

別売りの多彩なアクセサリーを利用することも可能で、拡張性に優れているのも魅力です。

価格は高めですが、ハイスペックなモデルをお求めの人におすすめ。

【スペック】

  • 重量:約253g
  • 防水性能:IPX8
  • 水深上限:約15m
  • 画素数:1200 万画素
  • ズーム倍率:4倍(光学)/4倍(デジタル含む)
  • 画焦点距離:25 mm (広角側) /100 mm(望遠側)
  • バッテリータイプ:リチウムイオン電池

使い慣れたスマホを使って水中撮影したい場合は、防水ケースを活用しよう!

手持ちのスマホを使って水辺や水中での撮影をしたい人には、防水ケースを利用する方法があります。

使い慣れたデバイスを使用するので、撮影しやすいのがうれしいポイント。撮った写真をすぐにシェアしたり、SNSに投稿したりしやすいのも魅力です。

ただし、通話などの機能は使えない点に注意しましょう。

また、使う前に、防水テストをして、浸水しないことを確認してください。

▼水深15mまでのiPhone防水カバー

▼水深30mまでの首にかけられるストラップタイプ

防水カメラを使って楽しい思い出を撮影しよう! 用途にあったモデルを選ぶのがおすすめ

防水カメラを使うと、水ぬれを気にすることなく、水辺や水中などで写真撮影できるのが魅力。

水深50mまで対応しているモデルもありますので、用途にあったスペックを選びましょう。

数千円で入手できる「写ルンです」のような安価なものから、ニコンやオリンパスなどの機能性モデルまで、種類はさまざま。

予算を考慮して、用途に合った、使いやすいモデルを見つけてください!

▼水辺で写真を撮るならこちらの記事もどうぞ!

▼水辺で遊ぶならこちらもチェック!