こんにちは!冬キャンプのクッキングコンロってどうしてますか?寒いとガスの火力が弱くなったり、焚火だと重たい調理道具が乗せ辛かったりと調理内容が限定されたりしちゃいますよね。そんな悩みは薪ストーブですべて解消されちゃいますよ。今回は万能薪ストーブ料理のご紹介です。

【筆者愛用の薪ストーブはこちら】CAPTAINSTAG (キャプテンスタッグ) KAMADO

筆者愛用の薪ストーブです。ストーブとしての性能はもちろん、二つのゴトクで同時調理。ダッチオーブンや付属の網でBBQも可能。簡単設営でお財布にも優しい多機能性に富んだCAPTAINSTAG (キャプテンスタッグ) KAMADOです。

▼詳しくはこちらの記事をご覧ください

[【CAPTAINSTAG (キャプテンスタッグ) KAMADO】薪ストーブ初心者必見&デイキャンプでも!筆者愛用の薪ストーブの簡単設営方法と活用術をご紹介 - ハピキャン(HAPPY CAMPER)]

【薪ストーブ料理 ① 鉄板メニュー】 キャンプ飯定番の焼肉、焼き餃子、スキレットもOK ♪

まずは、鉄板/フライパン/スキレットを使った薪ストーブ料理をご紹介いたします。

●【鉄板】

キャンプといえばお肉 ♪ これはガスコンロでも焚火台でも薪ストーブでも焼けますね。ただ一つ違うのは薪ストーブの場合は直火ではありません。熱くなったストーブの天板の上に鉄板を置くので鉄板全体が温められやすく焼きムラが出にくいですね。

鉄板にお肉を入れて、ほりにしや黒瀬のスパイスを振りかけて焼くだけでアウトドア感満載の焼肉の出来上がりです。

ポイントとしては鉄板は蓄熱力が高いので、最初に十分に熱したら、あとは薪を控えるか、空気吸入口を調整するかして火力を抑えましょう。そうすれば外はサクサク、中はジューシーな美味しいお肉がいただけますよ ♪

★ 薪ストーブでスーパーの牛肉が極上キャンプステーキへ ♪ ★

★筆者おすすめ鉄板はこちら★

沢山の鉄板を歪ませて悩んでいる時に出会った丸形鉄板。フライパンと同じ原理で歪が少なく表面にファイバーライン加工を施しているので焦げ付きも少ない優れもの!筆者お薦めの鉄板です ♪

●【フライパン】

料理初心者は炒め物から入ることも多いと思います。炒め物には十分な火力を必要としますが、薪ストーブの火力ならパラパラのチャーハンを作ることも可能ですよ ♪

ホタテの酒蒸しはフライパンの蓋がなければアルミホイルを使うと良いですね。美味しいですよ〜♪

★筆者おすすめフライパンはこちら★

筆者愛用のフライパンはMEYER(マイヤー)のMAXIM 20cmです。フッ素樹脂のため焦げ付きにくくオールステンレスによるスタイリッシュなフライパン。キャンプだけでなく、料理好きにも評価の高いお薦め品です。

●【スキレット】

朝食にはスキレットでベーコンエッグとトーストを ♪ 空いてるスペースでお湯を沸かしてモーニングコーヒーを。

★筆者おすすめスキレットはこちら★

筆者愛用のスキレットは話題のニトリのスキレット、ニトスキ(15cm)です。ワンコインで本格的なスキレットが手に入れられるということで、ニトリのスキレット愛用者はどんどん増加中ですね。蓄熱性が高くお皿として使えばいつまでも熱々の料理が食べられるお薦めのスキレットです。

●【ピザ】

楽々ピザ焼き器で簡単ピザ作り。ホームセンターで1,000円でお釣りの来るピザ焼き器でも薪ストーブで焼くと一味違います。

本格的ピザ焼き器で生地から作り上げるのも良いですが、マルカのらくらくピザ焼き器で冷凍ピザを焼けば、作り方を知らなくても本格的ピザが楽しめ、もう一品お料理する時間も作れますね。

スーパーの冷凍ピザにトマトとチーズをトッピング。かっぱえびせんを砕いて振りかけると美味しくなりますよ(笑)

【薪ストーブ料理 ② ダッチオーブン】 時短レシピで本格的なダッチ料理を楽しみましょう ♪

ダッチオーブンはキャンプならではの醍醐味ですね。筆者もダッチ料理にはまっています。でも、本格的な味付けやレシピにこだわるとあっという間に時間が過ぎて行ってしまいますね。そんな時には時短料理で本格的な味を楽しみましょう。

★筆者おすすめダッチオーブンはこちら★

最近はダッチオーブンの種類が増えてますが、筆者愛用のダッチオーブンは、お手頃価格のバンドックのリッドリフター付き10インチです。鋳鉄タイプを使い込んでブラックポットを目指しましょう♪

●【チキンの香草風味】

自宅で玉ねぎジャガイモを四等分、ニンジンを乱切りにしてタッパに入れて持っていきましょう。鶏肉は調理をする30分前にジップロックに入れて魔法の粉を振りかけます。

魔法の粉とは市販の専用スパイスです。スーパーで100円前後で手に入ります。ポイントは30分前にジップロックに入れた鶏肉にまぶして、しっかり手もみして30分寝かせて味をしみこませます。30分後に焦げ付き防止のためにロストルの上にアルミホイルを敷いて材料を入れます。最後に上からアルミホイルでカバーをして蓋をします。そのまま一時間火にかけましょう。あまり火力を上げすぎては焦げ付きますので気を付けて。それだけであとはダッチオーブンが全体に味を広げてくれます。

●【スペアリブ】

こちらも準備は同じです。玉ねぎジャガイモを四等分、ニンジンを乱切りにしてタッパに入れましょう。あとは好みでズッキーニを入れても美味しいですよ。

さて今度は魔法のタレです。先ほどと同じようにジップロックにスペアリブを入れて、タレをかけ手もみして30分〜40分寝かせます。筆者の経験では寝かせる時間が長いほど美味しくなるように感じますね。先ほどと同じようにダッチに入れて一時間火にかけましょう。

●【シチュー】

筆者の冬の定番メニューです。ジャガイモ、ニンジン、ブロッコリー、鶏肉を適度な大きさに切って水とルーを入れて煮込むだけ。鍋でも作れますが、ダッチを使うとより柔らかくて美味しくなりますよ。

体の芯から温まりますね。

●【ローストチキン】

スーパーの冷凍の丸鳥のおなかの中に塩コショウをたっぷり振りかけ、冷凍のチキンライスを詰め込みます。玉ねぎとニンジンを適度な大きさに切り、一緒にダッチに入れて一時間半程度火にかけます。

丸鳥が手に入らなければ、もも肉でも美味しいローストチキンができますよ。

●【ドリア】

筆者の簡単手抜きドリアは自宅で炊いたご飯(パックのご飯でもOK)の上に溶けるチーズを敷き詰めホワイトソース、デミグラスソース、溶けるチーズ、適度な大きさに切ったベーコンを放り込んで蓋するだけ。チーズが溶ければ出来上がりです。混ぜないことがポイントですね(笑)

こういった場合は下は弱火で、上からの火力は強めにしてください。

ソースもレトルトを使えば全く手間いらず。準備は5分と掛かりませんよ。

ミックスベジタブルをトッピングすると見た目も味も良くなりますよ。

●【キムチ鍋】

これも冬の定番ですね ♪ 材料は鍋なので何でもOKですが、白菜、エノキ、豚肉、キムチの素があればできますね。鍋は火にかけて放っといたらいい料理なので楽ですね ♪

【薪ストーブ料理 ③ 網焼き、その他】 BBQも薪ストーブで ♪ 余白スペースで、スキレットの鉄板焼きを同時に味わおう ♪

筆者愛用のCAPTAINSTAG (キャプテンスタッグ) KAMADOでは、1つの鍋や鉄板で料理するだけでなく、複数の料理を同時に作ることも可能なんです。

●【BBQ】

薪ストーブによれば専用の焼き網がついているものもあります。こういったタイプならスキレットを使ってBBQと鉄板焼きを同時に味わえますよ。

●【メスティンおでん】

コンビニのレトルトのおでん一人前。メスティンにピッタリです♪

料理をするのは天板の上だけではないですよ。

●【焼き芋】

ダッチオーブンを調理している間に薪と一緒に投げ込んじゃいましょう ♪

アルミホイルに包んで薪の横で焼くだけ ♪

●【焼きりんご】

絶品スイーツの焼きりんご♪美味しいスイーツの作り方は・・・

[【簡単キャンプレシピ】冬のアウトドアで嬉しい 極上デザート「焼きりんご」を作ろう - ハピキャン(HAPPY CAMPER)]

さあ ♪ お腹がいっぱいですけど、こういったものは皆さん別腹でしょ(笑)

ホットサンドメーカーとたい焼き器です。

●【ホットサンド】

今やキャンプの朝食の定番ですね。手間をかけずに作りたい方はランチパックを挟んじゃいましょう ♪

●【たい焼き】

寒い冬には温かい和スイーツは最高ですね ♪

キャンプでたい焼きを作る時は、ホットケーキミックスがお薦めです。ホットケーキミックス200gに牛乳100g、卵1個を入れて混ぜれば出来上がり(約6個分)。

あんこは井村屋からチューブ入りでこし餡つぶ餡どちらも出ていますよ。6個分の目安は200gですが、お好きなだけ入れてください(笑)これでふっくらしたたい焼きが出来上がります。ポイントは焦げやすいので火は弱めでじっくりと ♪

★筆者愛用のホットサンドメーカー、たい焼き器はこちら★

筆者愛用のホットサンドメーカーはキャプテンスタッグ キャスト アルミ ホットサンドトースターです。パンの耳を圧着するタイプではなく具をたっぷりと挟み込めるタイプです。セパレートになるので、ミニフライパンとしても使えますよ。

お手軽にたい焼きが作れるキャプテンスタッグ キャスト アルミたい焼き器はこちら ♪

【薪ストーブ料理は万能♪】 料理初心者でも時短レシピで美味しい料理が作れます♪

あ〜もうお腹いっぱいです ♪ 薪ストーブって便利なんですねぇ。材料やスパイスにこだわって本格的に料理をするのも良いですが、キャンプ場では調理時間を短縮して美味しいものをいただき、キャンプを楽しむのも良いですよね。

普段料理をしない方や、料理初心者の方でも簡単レシピで薪ストーブを使えばこれだけ本格的なキャンプ飯を味わえますよ。おうちで毎日料理している方もこれなら調理時間を短縮してキャンプを楽しめますね。

今年の冬は薪ストーブを使って美味しくてぬくぬくの冬キャンプを楽しんでみませんか。冬場の定番スタイルになること間違いなしですよ ♪

●▼こちらの記事もどうぞ