バーベキューで使用した炭の後処理は意外と大変です。自然に鎮火するまで待つと時間がかかり、消火のために急いで水をかけると蒸気で火傷をする危険も。そんなときは「火消し壺」が活躍してくれます。残った炭を入れてフタをし、ほったらかしで安全に消火できるのが魅力。そこで、火消し壺のおすすめを4つ紹介します。

火消し壺を使うと後処理がラクチン&火のついた炭を安全に消火できる! 消し炭は再利用も可能

火消し壺は、文字通り火のついた炭を消火するためのアイテムです。

「そんなもの必要なの?」と思う方もいるかもしれませんが、実は使用するメリットが大きいのが魅力。一度使ったら手放せなくなります。

【火消し壺のメリット】

  1. 壺に入れてフタをしておくだけで消火できる
  2. ほったらかしで安全に消火できる
  3. 消火した炭をそのまま持ち帰れる
  4. 残った消し炭は再利用できる

つまり、火消し壺を使うと、炭の消火が簡単にできます。

水をかける必要がなく、安全に消火できるのもうれしいポイントです。

灰捨て場がないときなどは、完全に鎮火した炭を、火消し壺ごと持ち帰るのがラクですよ。

また、火消しの後、形が残っている炭は「消し炭」と呼ばれ、再利用できます。次に使う際に火がつきやすいので、着火剤としての活用におすすめ。

ここからは、火消し壺のおすすめを4つ紹介します。

【おすすめ火消し壺1】中身がこぼれない! UNIFLAME(ユニフレーム )火消し壺SUS

フタの密閉性が高く、運んでいる途中に中身がこぼれる心配が少ない火消し壺。

急いでいるときは水をかけて消火することも可能。中に付属のザル網をセットしておけば、消火した炭を網ごと取り出して、乾燥させられるので便利です。

※ただし、火のついた炭に水をかけると水蒸気が発生するので、火傷に注意しましょう。

なお、乾燥させた炭は、消し炭として再利用できます。

水をかけずに消火する際に、すぐにフタをすると開きにくくなる場合があるため、少し冷ましてからフタをすることが推奨されています。

【スペック】

  • 重量:1.7kg
  • サイズ:本体…(約)径18×深さ18cm、網…(約)径16×深さ14cm
  • 容量:4.4L
  • 材質:ステンレス鋼
  • 耐熱温度:200℃
  • 耐冷温度:-60℃

【おすすめ火消し壺2】スタイリッシュでおしゃれ! LOGOS(ロゴス) マイティー火消し壷

メーカーロゴがあしらわれた、ブラックカラーのスタイリッシュな火消し壺です。

大容量タイプなので、大人数でのバーベキューにもうってつけ。

ネジ式のフタが付いていて、本体が倒れても中身がこぼれにくい設計です。

火のついた炭を壺に入れてフタを閉めるだけで消火が完了。安全のため、本体が冷めてから移動させましょう。

【スペック】

  • 重量:約2.15kg
  • サイズ:(約)20.5×27cm、内寸…(約)16.9×20cm
  • 容量:-
  • 材質:アルミ

【おすすめ火消し壺3】着火も消火も1台でOK! キャプテンスタッグ 大型火消し壺 火起し器セット

火起し器がセットになっている、大型の火消し壺。

これ1台あれば、火起しから消火までまかなえます。

火起し器は火消し壺の中に収納できるので、コンパクトに持ち運べるのが魅力。

火起し器を壺の中にセットした状態で炭を片付ければ、次回のバーベキュー時などに取り出して、そのまま着火剤として再利用できます。

鉄製のスタンドが付属するのもうれしいポイント。

【スペック】

  • 重量:(約)1.7kg
  • サイズ:火消し壺…21.5×20.0×高さ29.0cm(本体…外径21.0×高さ22.5cm)、火起し器…外径18.0×高さ20.0cm
  • 容量:-
  • 材質:火消し壺…アルスター鋼板、火起し器…亜鉛めっき鋼板)

【おすすめ火消し壺4】七輪や囲炉裏のある風景にマッチ! キャプテンスタッグ 和膳亭火消し壺

陶器製の和風スタイルの火消し壺。

七輪や囲炉裏(いろり)などがある和の風景になじみます。

取っ手が付いていないため、炭を消火した後、冷めてから持ち運びましょう。

また、フタが開いていると消火が不完全になるので、しっかり閉めるのがポイントです。

和のテイストが好きな方や、和の趣を楽しみたい方におすすめ。

【スペック】

  • 重量:約1.0kg
  • サイズ:外径16×高さ13cm
  • 容量:-
  • 材質:陶器

【火消し壺を使用する際の注意点】軍手とトングを使用して安全対策を!

火消し壺は手軽に炭の消火ができる便利なアイテムですが、使用にあたっては注意が必要です。

火床から壺へ炭を移す際に、いっぺんに流し込むのは危険なのでNG!

そのほかにも、以下のような点に注意しましょう。

【火消し壺を使用する際の注意点】

  • 軍手や革製の手袋などを着けて手を保護する
  • 火のついた炭はトングを使って1つずつ壺に入れる
  • フタを閉めたら途中で開けず、30〜60分以上放置する
  • 完全に消火し、冷めてから移動させる
  • 周囲に熱が伝わるため、スタンドを利用するなどの工夫が必要

安全で手軽に炭火を消火できる火消し壺がおすすめ! 持ち帰りや消し炭の再利用にも便利

バーベキュー後の面倒な炭火の処理は、火消し壺を使うとラクにできます。

フタを閉めてしばらく放置するだけで、自然に消火が完了。その間にほかの撤収作業をすれば、時間を有効活用できます。

完全に消火した炭は、火消し壺ごと持ち帰ったり、消し炭を再利用できたりと、メリットが多いのも魅力。

炭火の後片づけに、ぜひ火消し壺を活用しましょう。

▼バーベキューするならこちらもチェック!