キャンプでも快適さを求める欲張りなアメリカ在住のライター舟津です。「枕が変わると寝れない」という人は多く、睡眠に大切な役割を果たす枕。かく言う私も枕に多少こだわりがあり、「キャンプでも快適に眠れる枕」を探していたところ、出会ったのがコンパクトながら高さの調節が可能なKLYMIT(クライミット)のキャンプ枕でした!キャンプ以外でも大活躍中のKLYMIT(クライミット)の「CUSH(クッシュ)」の魅力を紹介します!

インフレータブル・スリーピングパッドが有名なKLYMIT(クライミット)社とは?「CUSH(クッシュ)」の魅力は?

KLYMIT(クライミット)社は、「野外で寝るときも家のように快適な寝床を」をモットーに、2007年、アメリカ・ユタ州で誕生したアウトドアブランド。野外のいろいろな場所やシチュエーションでテスト試用をとことん行い、品質にこだわるブランドです。

とくに、インフレータブル・スリーピングパッドが有名で、形や用途によってさまざまな商品を生み出しています。

今回は、この眠りにこだわりを持つブランドが手掛けるキャンプ枕「CUSH(クッシュ)」の使用感、筆者がどのように使用しているかをレビューしたいと思います。

●【CUSHおすすめ点その1】 とにかくコンパクトに収納可能

キャンプ枕はさまざまなカタチが販売されていますが、クライミットの「CUSH(クッシュ)」は、長方形の枕型ではなく、横幅が73.6センチある細長いカタチ。

重さも85グラムと軽量で、専用の袋に小さく収納可能で、ポケットにも入り、いつでも持ち運べます。

●【CUSHおすすめ点その2】 膨らますのが簡単

いくらコンパクトでも膨らますのが大変だと意味がないですよね。これは、ポンプなど何も必要なく一息で膨らますことができ、すぐさま使用可能。

使用後も、簡単に空気が抜けるので子供でも扱いが簡単です。

●【CUSHおすすめ点その3】 高さが調整できる

通常のキャンプ枕は長方形が多いのですが、コレは横長いカタチで、あまり高くない枕が好みの人は、そのまま使用。

高めの枕が好きな人は、コレを2重や3重に折り畳んで、自分好みの高さに調節できます。

また、インフレータブルということもあり、空気の入れ具合で枕の柔らかさも調節可能。

筆者は固めで高さがある枕が好きなので、パンパンに空気を入れて3重にして使用しています。3重に折り畳んでも、そのカタチが崩れにくく、一晩中そのカタチをキープできます。

また、端に丸いクボミがあり、横向きに寝ても耳が痛くならないような構造になっています。

キャンプの枕だけじゃない!アウトドアや旅行などいろいろなシーンで役に立つ!

「CUSH(クッシュ)」はキャンプピローとして作られた商品ですが、枕だけでなく、いろいろなシーンで活躍。コンパクトなのでバックに1つ入れて置くと便利です。

●【活用方法その1】 トレッキングのときのレジャーシート代わりに

簡単に空気を入れて膨らますことができるので、トレッキングやハイキングの休憩時、木や地面に敷いてレジャーシートのように使えます。これによりお尻が汚れないことはもちろん、地面や岩から伝わる冷えも防げ、底冷え防止にもなり、寒い季節重宝。

手ぶらでトレッキングするときは、コンパクトなのでポケットに入れて持ち運べます。

●【活用方法その2】 スポーツ観戦やアウトドアチェアに置いて冷えやお尻の痛みを緩和

スポーツ観戦などシートが固いイスに長時間座ってお尻が痛くなった経験はありませんか? そんなとき、コレをシートに敷いて置けばクッション代わりになり、お尻の痛みを緩和。また、寒い季節はお尻からの冷えも防いでくれます。

●【活用方法その3】 飛行機に乗るときのネックピローや旅行用のピローとして

アメリカに暮らしていると、旅行のとき自分の枕を持参している人の割合が高く、飛行機に乗るときにも枕を抱えている人を見かけます。

それほどまでに枕は必要不可欠なアイテムになっていますが、さすがに旅行のときは荷物をできるだけ減らしたいですよね。そんなときこのキャンプ枕の出番です!

近年はローコストキャリーの飛行機も増え、枕やブランケットが有料の航空会社も増えてきましたが、キャンプ枕はコンパクトで持ち運びが楽。

できるだけ荷物を持込したくない機内でもコレがあれば、ネックピロー代わりになります。

また、ホテルで枕が合わず寝れないときも、コレは活躍します。

●【活用方法その4】 カヤックのとき背中に置いて、腰の痛み緩和に

「CUSH(クッシュ)」の商品レビューにこの使用方法が書かれていて「ぜひやってみよう」と思ったのが、カヤックのイスに置く方法です。

筆者も去年より、カヤックを始めたのですが、長時間座っていると腰が痛くなるため「何かいい方法がないかな~」と思っていたのですが、コレを使用すればいいんだ!と感動しました。

まだ、私は使用していないので使用感はレビューできませんが、確かにこれは弾力性がよくクッション代わりになるので、カヤック中のお尻や腰の痛みの緩和によさそうです。

クッシュの素材はポリエステルなので、水に濡れても問題なし!ただし、インフレータブルで軽量なため、風で飛ばされる恐れあり!その点は注意が必要です。

●KLYMIT(クライミット)の「CUSH(クッシュ)」の口コミ情報は?

> 旅行用に購入しました。
長時間バス移動のお尻対策、メディテーション用の座布として、空港泊やキャンプでのハーフマットとしての使用など。ウルトラライトトレイルが可能になります。

> 春や秋でもキャンプツーリングで焚火していると椅子が寒いので座布団に。で寝るときは枕にできます。

キャンプ以外で使用している人は、やはり多いようです!

キャンプ枕「CUSH(クッシュ)」にはKLYMIT(クライミット)のキャンプマットと相性がよいのかも!

冒頭に述べましたが、KLYMIT(クライミット)は、アメリカではスリーピングパッドの知名度が抜群!

軽量で登山向きのモノから、快適さを重視したモノまで、種類もさまざま。高機能ながらリーゾナブルなモノが揃っているので、枕とともにスリーピングパッドを合わせると、野外でも質の良い睡眠を手に入れられるかも!

●キャンプ初心者におすすめ!フルレングスだけどリーゾナブルな「STATIC V(スタティック・ブイ)」

熱の発散を防いで温かさを保てるスリーピングパッド。514グラムと軽量で収納時もかなりコンパクト。空気を入れるのも道具が必要なく、簡単に口で膨らませます。修理キットも付属しているため、はじめてスリーピングパッドを購入する人におすすめ。

●258グラムとスーパーライトな「INERTIA-X(イナーシャ・エックス)」

近未来的なカタチで、一見スリーピングパッドに見えないですが、計算された「ボディーマッピングテクノロジー」で、最小限で快適さと温かさを確保。寝袋の中に入れられ、野外でも快適な眠りを導きます。

スーパーライトで、350ミリ缶とほぼ同じぐらいにコンパクトに収納でき、宿泊を伴う登山や荷物を減らしたいバイク旅行などに最適です。

「CUSH(クッシュ)」以外のキャンプ枕も優秀なモノがたくさん

クッシュのように、さまざまなシーンで活躍する優秀なキャンプ枕は他のブランドからも販売されています。

スノーピークの「マット&ピロー」

正方形で座布団型。2つ折りにすれば枕になり、小さいながらアウトドアライフが豊かになります。

サーマレストの「エアヘッドピロー」

ポリエステルのさらさらした素材が苦手な人におすすめしたい肌触りのよいエアー枕。

「野外でも快適な睡眠」を導く、寝具でキャンプライフを豊かにしよう!

キャンプライフを楽しむには、質のよい睡眠は不可欠。「野外だから寝れないのはしょうがない」ではなく、野外でも家で寝るかのように快適な睡眠をキープして、キャンプライフをより一層快適にしましょう。

キャンプ枕は「たかが枕ですが、されど枕」。結構、枕を変えるだけで快適さが変わりますよ〜!!

●こちらの記事もどうぞ

[長時間移動や車中泊も快適に!無印良品など『ネックピロー6選』!素材や形状が進化しフィット感抜群! - ハピキャン(HAPPY CAMPER)]