みなさんこんにちは、[のざる]です。2019年夏に発売され即完売したワークマン『真空保冷ペットボトルホルダー』。あまりの人気ぶりに、2020年には新カラーを加えて再販。さらに350ml缶にピッタリな『真空保冷缶ホルダー』が加わりました。日常はもちろん、キャンプでも活躍間違いなしの保冷ホルダーを紹介します!

真夏に活躍するペットボトルホルダー&保冷缶ホルダー

暑くなってくると活躍するのが、ペットボトルホルダー。

ペットボトルホルダーといえば、布製のもので100円ショップで購入できたり景品でもらうこともありますよね。内側にアルミが貼ってあり、保冷力をキープするタイプが多いと思います。

また、アウトドアブランドから発売されているものも多数あります。

缶飲料を保冷したいのなら、保冷缶ホルダーがおすすめ。キャンプ場でも使っている人をよく見かけます。

今や夏場のアウトドアには欠かせないペットボトルホルダーや缶ホルダーですが、ワークマンオリジナルブランド『AEGIS(イージス)』からも発売されました。

今回は、ワークマンオリジナルブランド『ARGIS(イージス)』のペットボトルホルダーと缶ホルダーを実際に使ってみた感想をお届けします!

ワークマン『AEGIS(イージス)』真空保冷ペットボトルホルダー

500mlサイズのペットボトルを丸ごと保冷できる『真空保冷ペットボトルホルダー』。2019年に発売されたシルバーに加え、2020年はグリーンのモザイクカラーも加わりました。

中身を移すタイプのものではなく、ペットボトルを丸ごと保冷できる真空ホルダーというのは、他に見たことがありません。

使い方はとってもカンタン! まずはフタをひねって外し、中に500mlサイズのペットボトルを入れフタをひねって閉めるだけ。

フタ部分には、特徴的なヒラヒラがついています。実はこのヒラヒラが重要な役目を果たしてくれるんです。

大きさは、500mlサイズのペットボトルがすっぽりと入るサイズ。今回は試しに自宅にあった650mlサイズのペットボトルのお茶を入れてみましたが、これでも収納することができました。

※ペットボトルの形状によっては収まらない場合があります。

フタをしめると、ヒラヒラがペットボトルをしっかりと固定してくれます。

ヒラヒラ部分はペットボトルを固定してくれるだけはなく、逆さになった時の落下も防いでくれます。また、ヒラヒラは柔らかいのでどんな形状のペットボトルにも合わせやすくなっています。

ワークマン『AEGIS(イージス)』真空保冷缶ホルダー

続いては、冷えたビールを保冷するのに最適な「真空保冷缶ホルダー」。こちらはシルバー一色のみとなっています。

使い方は、上部のフタをひねって外し、缶を中にいれるだけ。

フタを外さなくても入れることはできますが、外したほうが入れやすいです。

缶を押し込んだ時、中から空気が抜けていく感じがします。さらにフタをしっかりとひねって閉めることで、中に空気が入りにくくなり、冷たさをキープする仕組みです。

350mlサイズの缶がピッタリ収まって、スキマはほとんどありません。逆さにしても落ちにくくなっています。

缶の飲み口とホルダーが近くないのも特徴。口を当てた時にホルダーにあたったり、注いだ時にホルダーが濡れにくいのもいいですね。

イージスボトルの特徴:コスパ◎! 保冷だけでなく保温効果も

●保冷だけでなく保温効果も期待できる

保冷だけでなく保温もできるという優れもの。1年を通して使うことができるのもうれしいですね。パッケージ横には、保冷・保温の試験グラフが掲載されています。

※保冷・保温効果は使用環境によって変動します。

●ちょっと気になるポイント 本体は少し重め

本体はステンレス素材。水筒のような作りなので、持ち運ぶには少々重めかも。

『真空保冷ペットボトルホルダー』は約320g。ペットボトルを入れて持ち運ぶと約1kg近くになってしまいます。

『真空保冷缶ホルダー』は約180g。

気軽に持ち運ぶには少々重めです。実際に『真空保冷ペットボトルホルダー』をリュックに入れて外出したことがありますが、ペットボトル単体だけを持ち運ぶよりはずっしりと感じました。

しかしその分、布製のホルダーよりも冷たさをキープできたので、保冷のためならアリかなと感じました。

●価格はどちらも税込980円

サイズと用途は異なりますが、どちらもお値段は税込980円です。

1,000円でお釣りがくる価格設定はいいですよね!

入荷するとすぐに売り切れてしまうワークマンのペットボトルホルダー&缶ホルダー! 欲しい人はこまめにチェックを

ペットボトルや缶を入れ替えるだけで使えるので、お出かけ先でも便利。また、通常水筒に入れられない炭酸飲料を保冷できるというのも高ポイントです。

「ペットボトルを丸ごと保冷できる!」とSNSを中心に人気が広がり、再販後も入荷すると即完売するワークマンの人気アイテム。

気になる方は、公式オンラインストアやお店をこまめにチェックしてみてください!

▼こちらの記事もチェックしよう▼