自宅で気軽にキャンプ気分を味わえると大人気のおうちキャンプ。しかし、庭やベランダを活用するなど、ある程度のスペースがないとテントを貼ったりキャンプギアを並べたりするのは難しいですよね。しかし、ほんのちょっと工夫するだけで部屋でも気軽に雰囲気を味わうことはできます。そこで今回、狭い我が家を例に「おうち(部屋)キャンプを楽しむためのアイデア」をご紹介します。

「我が家流おうちキャンプの第一歩」窓のある部屋にテーブルとチェア・ラグマットで非日常空間を演出

自宅の庭などにテントを広げて過ごす「[おうちキャンプ]」。SNSなどでも、自宅をキャンプサイトのようにインテリアして楽しんでいる人をよく見かけるようになりました。

ステキですよねー!おうちキャンプ、真似してみたい!

しかし、残念ながら我が家は集合住宅。庭なんてもちろん無いですし、ベランダも部屋も狭いです。テントを広げられるようなスペースは全くありません。悲しい・・・。

そんな極狭住宅でも、どうにかおうちキャンプを楽しめないか・・・。

思案した結果、大きな窓のある部屋にアウトドア用テーブルとチェアを出してみようということになりました。

いかがでしょう。ラグを敷いてランタンを置いただけのシンプルな空間ですが、なんとなく非日常的な雰囲気になったと思います。(キャンプ感があるかと言われると微妙ですが・・・)

筆者が購入したテーブル&チェアは「アイリスプラザ テーブル ベンチ セット」という商品。バーベキュー用に購入して以来、あまり出番のなかったものです。便利な機能として足の長さを変えられるので、ハイスタイルとロースタイルのどちらも楽しめます。

ペンドルトンに雰囲気が似ているラグは、数年前にしまむらで見つけた通称「[しまドルトン]」と言われるものです。

もともとはキャンプの時にテントの中に敷くラグとして買ったのですが、もちろん家の中で使ってもいい感じです。

本家ペンドルトンのラグはこちら。

他にもキャンプギアを持ち込んでずらっと並べてみると、よりキャンプ感が出せるように思います.
ですが、我が家にはこれ以上のスペースがないので断念。

その代わり、テーブルもチェアもすべて出しっぱなしにして、しばらくはおうちキャンプ用のスペースとして使うことにしました。

「我が家流おうちキャンプの過ごし方1.」スキレットやホットサンドメーカーでキャンプ飯を作り味わう

おうちキャンプ用のスペースを作ったことで、お休みの日はそのスペースで過ごすことが増えました。

はじめのうちは、そこで読書をしたり、手芸(マスクの手作り)をしたりしていたのですが、せっかくならもっとキャンプっぽいことがしたいと思っていろいろ試してみました。

そこで、我が家流のおうちキャンプを楽しむアイディアをご紹介します。

キャンプといえばやっぱりご飯(=キャンプ飯!)とはいえ住宅地なので焚き火やバーベキューなどはできません・・・が、カセットコンロを使えば卓上調理はできます!

カセットコンロひとつあれば、ポットでお湯を沸かしたり、鍋で煮物を作ったり、スキレットで焼き物料理をしたりと、いろんな調理ができます。

おつまみにぴったりでオシャレな雰囲気も出るアヒージョを作ってみました。自宅のフライパンではなくあえてスキレットで作るだけで、アウトドア感が増していい感じです。

その他、ホットサンドを作るのもおすすめ!ホットサンドは、実際のキャンプでも良く作るメニューです。

窓を開けて朝の澄んだ空気を取り入れながら、コーヒーを淹れつつホットサンドを作る・・・。キャンプの朝を思い出すような、ゆったりとした贅沢な時間を過ごすことができました。

我が家ではTSBBQのホットサンドメーカーを愛用しています。耳までカリカリに焼けるので、食パンの耳までしっかり味わいたいという方におすすめ。かわいい焼き柄は写真映えも◎

「我が家流おうちキャンプの過ごし方2.」〝SOTOいぶし処 お手軽香房〟で薫製作りにチャレンジ!

本当はベランダで燻したかったのですが、やはり煙が気になるので、結局キッチンの換気扇の下で燻しました。バーベキューに比べれば燻製のほうが煙も少ないですし、油汚れも少なく済みます。

できあがった燻製をおうちキャンプスペースに運んで、ビールで乾杯!

こちらの燻製器は折りたたんでコンパクトに収納できるので、たまにしか使う機会がないという人にもおすすめです。

「我が家流おうちキャンプの過ごし方3.」焚き火動画を眺めながらリラックスタイム!

おうちキャンプ最大の難点は、焚き火ができないことではないでしょうか。個人的には、キャンプに焚き火は欠かせない要素です。しかし、焚き火の煙や火の粉は、ご近所迷惑になってしまいます。

そこで、「焚き火の動画を見る」という方法を試してみたところ、これが意外とよかったのでご紹介します。

といっても、やることは焚き火の動画を流すだけ。ハピキャンチャンネルでも焚き火動画はあります。

または、YouTubeで「焚き火」と検索してでてきた動画の中から、薪の爆ぜるパチパチ音だけが聞こえる動画をチョイスします。

できれば部屋を暗くしておくと、より雰囲気が出ます。

焚き火の映像にBGMが付け足されているのもありますが、私は純粋に焚き火の音だけのシンプルな動画のほうが好みでした。

お茶やコーヒーなどの飲み物を用意して、焚き火(動画)を見ながらまったり。当然ながら本物の焚き火のリラックス効果には劣りますが、なんとなくの雰囲気だけでも味わうことができて、意外とよかったです。

準備の手間もお金もかからないので、焚き火がしたい気分の日によかったらお試しください。

特別なことをしなくても「おうちキャンプ」は気分転換にぴったり!狭い家でも試す価値アリ!

我が家には広い庭もベランダもありませんが、それでもおうちキャンプ用のスペースを作ってみてよかったと思っています。キャンプに行けない代わりとして、自宅でキャンプっぽいことをしよう!といろいろ考えたり試したりするのが面白かったです。

特別なことをしなくても、例えば普段の食事をダイニングではなく、おうちキャンプ用スペースで食べるだけでも、ちょっとした気分転換になりました。アウトドア用のテーブルや食器など、普段自宅では使わないアイテムをあえて使うのがポイントかもしれません。

またキャンプに行ける日が来るまで、おうちキャンプを楽しもうと思います!

おうちキャンプを盛り上げる特集記事