冬キャンプは、ストーブを活用して暖かく快適に過ごすのがおすすめです。でも、ストーブには「石油ストーブ」「薪ストーブ」「電気ストーブ」と様々な種類があり、どれが良いのか迷ってしまいますよね。そこで今回は、石油・薪・電気ストーブそれぞれの厳選したおすすめ製品を、一挙にご紹介します!

【キャンプ用ストーブの選び方】石油・薪・電気など熱源はさまざま! 使いやすいタイプを選ぼう

冬のキャンプやアウトドアでよく使われるストーブには、以下のような種類があります。

【キャンプ用ストーブの主な種類】

  • 石油ストーブ
  • 薪ストーブ
  • 電気ストーブ

使用する燃料や熱源が異なるので、自分が使いやすいタイプのストーブを選ぶのがおすすめ。

それぞれのメリット・デメリットを簡単にまとめると、以下のようになります。

石油ストーブ 薪ストーブ 電気ストーブ
メリット 広範囲が暖かい 暖かさはダントツ 気軽で初心者にも◎
デメリット 灯油の運搬が面倒
一酸化炭素中毒に注意※
薪が必要
一酸化炭素中毒に注意※
対応したテントが必要
電源が必要
暖かさはイマイチ

※後述しますが、石油ストーブと薪ストーブは一酸化炭素中毒の可能性があるため、取り扱いに注意が必要。取扱説明書を要確認。

ストーブの種類によって、暖まり方や使い勝手などが異なる上、それぞれメリット・デメリットがあるので、用途や使用シーンに適したタイプをチョイスしましょう。

ここからは、各ストーブのメリット・デメリットの詳細をふまえながら、おすすめの商品を紹介します!

石油ストーブのおすすめ2選 小型のフジカハイペット&アルパカストーブがキャンプ好きに人気!

石油ストーブは、家庭用でもおなじみの、灯油を燃料に使う暖房器具。

火力が強く、広い範囲を暖められるメリットがあります。

また、天板の上にケトルを置いてお湯を沸かしたり、煮込み料理を楽しんだり、といった使い方ができるのも魅力。

※製品によってはNGな場合もあるので、説明書を要確認!

一方で、一酸化炭素中毒の危険性があるため、換気ができないテント内での使用がNG。換気が十分な場所でのみ使用可能です。

また、燃料の灯油も安全に携帯する必要があり、持ち運びには注意が必要。

【石油ストーブのメリット&デメリット】

  • メリット:
    広範囲が暖まる/小型の物なら持ち運びしやすい
  • デメリット:
    一酸化炭素中毒に注意/換気が必須/風での転倒などに十分注意が必要

それでは、キャンパーに人気な小型石油ストーブを2つご紹介します!

●1)扱いやすい小型石油ストーブ「フジカハイペット」

フジカハイペットは、株式会社フジカが製造・販売している、コンパクトな石油ストーブ。

高度3,000mの場所でも使える高い暖房能力、燃料を満タンにすると、最大で12時間燃焼が続くスペックの高さが魅力です。

加えて、軽量で携帯しやすく、冬キャンプの暖房器具としてキャンパーやアウトドア愛好家の間で人気を集めています。

≫[フジカハイペット公式サイト(株式会社フジカ)]

▼愛用者のレビューはこちら!購入方法もチェック!

フジカハイペットの着火方法、給油の方法など、くわしい使い方を動画でご覧いただけます!

▼着火方法&お湯の沸かし方

▼使い方&給油方法

●2)小型でおしゃれな「アルパカストーブTS-77A」

アルパカストーブは、韓国製の小型の石油ストーブ。

見た目がかわいらしく、おしゃれなデザインで、キャンプ女子の間でも注目されています。

コンパクトながら火力が強く、アウトドアでの使用にぴったり。

暖を取りながら、天板の上で調理もできるので、キャンプで重宝します。

▼愛用者のレビューはこちら!購入方法もチェック!

薪ストーブおすすめ3選! 冬キャンプがグッとおしゃれになる♪ 新保製作所のチョッパーほか

薪ストーブは、文字通り、薪を燃料に使用するタイプのストーブです。

火力が強く、薪ストーブの暖かさはダントツ。とにかく暖かく過ごしたい方におすすめです。

また、薪ストーブの種類によって、さまざまな調理方法に対応しているものもあり、レシピの幅が広がるメリットも。

ただし、テント内で使うには、薪ストーブが使用可能なテントを選ぶ必要があります。

薪の準備や、煙突の組み立てなど、手間がかかるので、キャンプやアウトドア初心者にはやや不向きなタイプです。

【石油ストーブのメリット&デメリット】

  • メリット:
    暖かさはダントツ/様々な調理法ができるものもアリ
  • デメリット:
    一酸化炭素中毒に注意/換気が必須/組み立て&持ち運びが面倒/対応テントのみ使用可能

それでは、キャンパーに人気の薪ストーブを3つご紹介します!

●1)コンパクトな「ワークタフストーブ380」

ワークタフストーブ380は、台湾と日本のアウトドアブランドがコラボして誕生した、小型の薪ストーブです。

煙突や脚などのパーツをすべて本体の中に収納できるので、コンパクトに持ち運べるのが魅力。

専用の収納ケースが付属するのもうれしいポイントです。

重量は約8.5kgと比較的軽量なため、女性1人でも持ち運べます。

テント内で使用する際は、薪ストーブ対応のテントを用意するのはもちろん、別売りの煙突を利用するのがおすすめ。

▼愛用者のレビュー記事はこちら!

●2)ダッチオーブン調理も可能な新保製作所「チョッパー」

チョッパーは、新保製作所が製造・販売しているコンパクトな薪ストーブ。

本体の三面にガラス窓が付いていて、暖を取りながら、一緒に炎のゆらぎを楽しめるのが魅力です。

また、薪の燃焼具合を確かめるのにも便利。

上部のフタは取り外しが可能で、スキレットやダッチオーブンなどを使って、直火調理も楽しめます。

▼愛用者のレビューはこちら!

●3)存在感バツグンな新保製作所「ロマンチカル」

ロマンチカルは存在感のある真っ黒なボディと、正面の大きなガラス窓が特徴の薪ストーブ。暖炉のような佇まいが魅力です。

窓からはダイナミックな炎のゆらぎが眺められて、いやしの時間を満喫できます。

なお、煙突は別途購入が必要。

本体の煙突出口は、横出し、または上出しの2タイプから選べます。

テント内で使用する場合は、最初に空焚きをしましょう。

▼ロマンチカルのレビューや煙突の設置方法はこちらで!

●おまけ:薪ストーブ初心者必見! 準備から撤収までの基本作業をおぼえよう

薪ストーブを初めて使う方は、こちらの記事をチェックして、ぜひ基本をマスターしてください!

▼薪ストーブの準備・設置編はこちら!

▼薪ストーブの運用・撤収編はこちらです!

電気ストーブのイチオシ! 電源付きサイトがあるキャンプ場で使える手軽な暖房器具

電気ストーブは火や燃料を使わないので、安全面はピカイチ。

有害な一酸化炭素なども発生しないため、テント内で安心して使えます。

ただし、電力が必要なので、キャンプで使用する場合は、電源付きサイトでの利用や、ポータブル電源などを持参できる場合に限られます。

また、電源付きサイトであっても、使える電力量が制限されるため、キャンプ場の電源使用の上限と、ストーブの消費電力をよく確認しておかないといけません。

加えて、広範囲を暖められるほどの火力はなく、足元だけなど、スポット的な使用に向くタイプです。

【電気ストーブのメリット&デメリット】

  • メリット:
    初心者でも扱いやすい/テント内でも使える
  • デメリット:
    暖かさはイマイチ/電源がないと使えない/電源サイトの場合は消費電力に注意

●軽量&コンパクトな山善の「電気ストーブDS-D086 」

山善の電気ストーブ DS-D086は、室内向けの暖房器具なので、テント内でも安全に使えるのが大きなメリット。

万が一転倒した場合は、自動で電源OFFになるので、安心です。

強(800W)・弱(400W)の2段階にパワーを切り替えられます。

足元だけ暖めたい、といったときに便利な暖房器具。

重量は2kgをきる軽さで、持ち運びしやすいのもうれしいポイントです。

▼こちらの記事では、山善の電気ストーブのほか、コンパクトで携帯しやすいおすすめのストーブを紹介しています!

また、電源がとれるようであれば、テント内でホットカーペットや電気毛布の使用もおすすめ!

冬キャンプを快適に! 石油ストーブ薪ストーブ/電気ストーブを用途に合わせて選ぶのがおすすめ

冬キャンプは朝晩の冷え込みが特に厳しいので、出かけるときは万全の防寒対策をしましょう。

寒さ対策には、しっかりと暖を取れる薪ストーブや石油ストーブ、またテント内でも比較的安全に使える電気ストーブの活用がおすすめです。

ストーブで暖まって、快適な冬キャンプを楽しんでくださいね!

(ライター:hayase)

冬キャンプの防寒対策はこちらもチェック!