こんにちは、登山大好きな[ゆきの]です。今回は知らないと怖い「高山病」についてのお話です。山登りの際に、体調に異変を感じたことはありませんか。疲れが出るのは当然ですが、頭痛や動悸が激しいと感じたら、疑うべきが「高山病」です。処置が遅れると命にも関わりますので知識をもって、正しく対処できるようになりましょう。

高山病の基礎知識について!筆者の経験&登山のプロからの情報を元にお伝えします

まず初めに!

筆者の登山経験と登山のプロからお聞きした情報をもとに「高山病」についてお話ししますが、以下の信頼ある参考サイトでも詳しく情報公開されていますので、確認していただければと思います。

【参考サイト】
・厚生労働省検疫所「[高地で気分が悪くなったらー(高山病)]」

・[国立登山研修所]:第3編 第7章「[登山の医学]」

・富士登山オフィシャルサイト「[高山病について]」

標高3,000mでも起こり得る高山病! 酸素量低下による登山中の頭痛や吐き気に要注意!

●高山病は初心者にも人気の富士山でも起こりうる

「高山病」はその名の通り、高い山で起こりやすい病気ですが、エベレストのような高い山まで行かなくても十分起こり得るもの。

富士山の8合目、標高3,100m付近には、シーズン限定でオープンする救護所がありますが、その利用者の7割近くは高山病(疑い含む)だそうで、3,000mくらいの高さで症状が出始める人も多いです。

高齢者がなりやすい、等の報告もありますが、その日のコンディションによっても発症の恐れがあり、「自分は大丈夫」と言い切れるものではありません。

私は以前、3,200mの山小屋で深夜に目が覚め、その後、動悸を感じて眠れなくなったことがあります。幸いひどくはなりませんでしたが、これも兆候の1つです。

●症状は人それぞれ!頭痛や吐き気・めまいなどがサインに

標高の高い場所に行くと、空気が薄くなるとよく言いますね。つまりは酸素量が低下しており、それが高山病の大きな要因となります。

ただし、「高山病=○○」、と断定できる症状はありません。

多くの場合で、頭痛を伴いますが、程度には個人差があるため、いくつかの体調異変から判断する必要があるのです。

高地で、下記の症状のうち1つでも我慢できないほどひどくなった場合や、軽度でも2つ以上の症状を感じるようになったら、急性高山病の可能性が高いと考えましょう。

1.頭痛
2.食欲不振/吐き気(嘔吐)
3.疲労感、脱力感
4.めまい、ふらつき
5.睡眠の異常(よく眠れない、何度も目が覚める)

さらに恐ろしいことは、悪化すると高地脳浮腫(のうふしゅ)や高地肺水腫(はいすいしゅ)を発症してしまうこと。どちらも命の危険につながります。

・高地脳浮腫:場所がわからなくなるなどの精神状態の変化の他、まっすぐ歩けなくなるなど運動の異常が生じる。

・高地肺水腫:動いていなくても息切れがしたり、呼吸が苦しくなったりする。咳が出ることもある。

体調が悪くなったら下山!高山病は高度を下げるだけでも回復する 酸素缶を頼りすぎないで

●下山が最も効果的!ひどすぎる場合は救助要請を

最も基本的で効果的な方法は、高度を下げること、すなわち下山です。

ただし、体調が悪い状態で、道に迷ったり、反応が鈍く正常な判断ができなかったりといったリスクも伴うため、仲間と一緒に登山中の場合は、必ず一人での下山を避けてください。

同じ場所にとどまり、休憩しながら様子見している間に、具合が悪化していく場合は緊急事態と捉え、ヘリコプター等の救助要請をしてでもただちに高度を下げなければなりません。

山中は電波が悪く、すぐに携帯電話が通じない恐れもあることは、必ず念頭に置いておきましょう。

やむを得ない理由ですぐに高度を下げられない場合には、酸素缶を使うことも1つの手段であり、山小屋で売られていることもありますが、時間稼ぎ程度と言われています。

ヒマラヤ山脈に持って行くような重い重い酸素ボンベでない限り、数分程度の容量しかなく、使い切った際の酸素量急低下によって、より具合が悪くなる事態に陥りかねません。

医療関係者のいない状況では、救助ヘリを待っている間や下山中に酸素吸入する程度とし、頼りすぎないようにしましょう。

高山病の予防には こまめに水分補給で脱水を防ぐ&小休憩を取りつつゆっくりと自分のペースで登る

最悪の場合、死に至る恐れもある高山病。ここまではその症状と対処法を簡単に説明してきましたが、何よりもまず高山病にならないよう、できる予防策を講じることが不可欠です。

登山の心構えとしても重要なポイントを見ていきましょう。

●お気に入りのボトルで水分補給を意識しよう

登山中には水分補給をより心がけましょう。高所では呼吸回数が増える他、乾燥もしているため脱水になりやすく、それが急性高山病につながる恐れがあります。

お手洗いの利用が不便な山登りとあって、水を飲むことを控える人もいるようですが、逆効果。特に、高山病にかかって吐き気を生じると、水分補給も難しくなるという悪循環にもなりえます。

水分は日頃からこまめに摂取するようにしてください。

ついつい給水を忘れがちな方は、ボトル選びから。お気に入りのマイボトルで意識的に水分補給してみましょう。

●nalgene(ナルゲン)細口 Tritan

飲みやすい細口タイプのボトル。サイズは500mlや1リットル等。用途や好みに合わせて広口タイプも選べます

さらに歩きながらこまめに水が飲めるチューブ付きのハイドレーションと呼ばれるシステムもあります。リュックを下ろす必要がなく、リュックに水ボトルを入れたまま手軽に水分補給が可能です。

●OSPREY(オスプレー)レザヴォア 2L OS56164

リュックで有名なオスプレー社の高性能ウォーターパック。においが付きにくいフィルムや洗浄しやすい大型キャップ仕様でお手入れも簡単です。

●ゆっくりと一定のペースで歩こう

急に高度を上げると、体が適応しきれないことがあります。ゆっくりと一定のペースで歩きながら、徐々に高度を上げていきましょう。

富士山の五合目登山口は、たとえば吉田ルートの場合、すでに標高2,300mです。

車で着いてすぐに出発するのではなく、出発前に五合目付近の標高で1時間以上、体を慣らし、高さに順応していくことが推奨されています。

また、登りながらも体が冷えない程度の小休憩を適度に取るようにしてください。

●ゆったりと無理のない日程を組もう

山登りに出かける際は、朝早くからの出発のために睡眠が不十分になりがち。私も以前、東京から夜行バスや車で早朝4時に出発して長野県の登山口を目指したことが何度かありました。

週末の休みを利用して遠方へ行こうとするため、どうしても登山の日程はガチガチに組んでしまっていたものですが、無理のない計画を立てるに越したことはありません。

●登山スタート前から体調を整えよう

当たり前のことですが、登山には万全の体調で臨みましょう。前日の夜にアルコールを飲み過ぎたり、寝不足のままに出発したりするのはおすすめできません。

少しでも体調に異変を感じるようであれば、事前に中止する勇気も必要です。

高山病は下山で改善!ひどくなる前に対処を あきらめも肝心!深い呼吸を心がけながら高度を下げて

まず、登山の途中で体調が悪いと感じたら、それ以上高度を上げないこと。まずは休憩を取って、様子を見ましょう。その際、お腹からしっかりと息を吐き出す深い呼吸を意識的に行ってください。

宿泊を伴う登山の場合、アルコールや睡眠薬、安定剤等は睡眠中の呼吸を悪くし、高山病を起こす原因となり得るので、高地では控えたほうが無難です。

高山病はひどくなる前に対処することが重要であり、通常は下山することで改善されます。登頂できない悔しさや仲間への迷惑等を考える前に、あきらめることも肝心です。たとえ登山仲間がいない場合でも、緊急時には周りの登山者に助けを求めながら、安全確保を最優先してくださいね。

登山に関する特集記事

[【登山計画書の作り方】その重要な役割を理解しよう!書き方から届出までわかり易く解説 - ハピキャン(HAPPY CAMPER)]