夜を明るく照らしてくれるランタン。キャンプの必須アイテムですよね!種類もLEDやガス、オイルランタンなど様々なものがあります。今回はオイルランタンの中でも別格の意匠性と実用性を誇るマイナーズランプ“E.Thomas & Williams(イートーマス&ウィリアムス)”をご紹介致します。

そもそもマイナーズランプとは? 実用性と安全性をかね備えた炭鉱用オイルランタン

マイナーズランプは石炭を採掘する炭鉱用として設計されたランタンです。頑丈な構造をしており、雨や風など外部要因で火が消えにくい仕様になっています。

火が消えるときは酸素が薄くなったとき。暗い炭鉱内を明るく照らすだけでなく、炭鉱夫たちを一酸化炭素中毒から守る役割も果たしていました。

また、炭鉱内に発生する可燃性ガスへの引火を防ぐ構造にもなっています。“炭鉱用”というだけあって様々な工夫がされていますね。

ちなみにその特性上、マイナーズランプはオリンピックの聖火をギリシャから運ぶときに使われているランタンです。

今回レビューしていくE.Thomas & Williams(イートーマス&ウィリアムス)のマイナーズランプは見た目だけのレプリカ品ではないので、本物の性能を堪能できますよ。

●E.Thomas & Williams(イートーマス&ウィリアムス)オイルランタンの基本仕様

  • 平芯4分芯オイルランプ
  • 高さ:26.4㎝
  • 高さ(フック含む):29.5㎝
  • 幅:Φ8.8㎝
  • 重さ:1.15kg
  • 油壺:150cc
  • 連続燃焼時間:10時間

※CB缶はサイズ比較用

平置き、もしくはフックが付いているので吊るしての使用が基本となります。大きさの割に重量があるので、取り扱い時には少し注意が必要。

明るさとしては、ソロキャンプ芸人ヒロシさんが愛用していることで有名なフュアーハンドランタン(別名:[ハリケーンランタン])程度の明るさがあります。

▼ハリケーンランタンについてはこちらで詳しくご紹介してます!

また、雨や風に強いマイナーズランプなので、少々な悪天候でも本来の性能をしっかり発揮してくれます。

【マイナーズランプの用途】主にサブランタンとして利用 手元やサイトの一角をおしゃれに照らそう!

このサイズのマイナーズランプはサイト全体を照らすような“ものすごく明るいランタン”ではありません。

そのため、手元やサイトの一角を照らすサブランタンとしての使用がおすすめ。

また、デザイン性が非常に高いので、吊るしておくだけでサイト全体の雰囲気を良くしてくれます。

【マイナーズランプの魅力】使えば使うほど味がでるオイルランタン 真鍮製ならではの魅力!

E.Thomas & Williams(イートーマス&ウィリアムス)のマイナーズランプは、実用性・安全性と優れたポイントはたくさんありますが、なんといってもそのデザインが魅力的!

また、そこまでポピュラーなランタンではないこと、決して安くないこともあり、他のキャンパーと被りにくいのも魅力のひとつではないでしょうか。

そして真鍮製という特性上、使えば使い込むほど良い味がでます。実際に比較してみましょう。

こちらは初点灯時のランタンです。真鍮がピカピカに光り輝いていますね。

1年間使用したランタンがこちら。真鍮にくすみがかった良い使用感がでてきました。

筆者はこの雰囲気をだしたかったので、使うたびに外側を布巾で磨いていました。

どっちの真鍮がグッとくるか?自分好みに育てることのできるランタンですね。

E.Thomas & Williams「マイナーズランプ」の給油・点灯方法を解説!

では、実際に点灯してみましょう。

まず本体を回して下のオイルタンク部分を取り外します。

次に平芯(火を灯す芯)を固定している金具を外します。

平芯部分の金具を持ち上げるとスペースができるので、そこに小型のじょうごをセットします。(じょうごは100均で購入可能)

オイル(灯油でも可)を入れます。

メモリは無いので、溢れないようにゆっくり入れましょう。

固定金具を締めて、芯を出します。

上下で連動している針金のようなパーツがあり、芯を刺して持ち上げることができます。

小型バーナーなどで着火します。

その後、本体と装着して点火完了です。

この時、本体はどんどん熱くなっていくので、素早く装着するか、グローブをつけて作業しましょう。

燃料は基本的に灯油でOKですが、より純度の高いパラフィンオイルを使用すれば、匂いやすすを少なくすることも可能です。

工具一切不要! E.Thomas & Williams「マイナーズランプ」のお手入れ方法

次に工具不要のお手入れ方法を紹介していきます。

まず、点火と同じ要領でオイルタンク部分を外します。

その後、平芯部分の金具も全て外します。

続いてホヤ(ランタンのガラス部分)の金具を外します。

この金具を外すと、ホヤと中に入っている金網が一緒に外れるので注意してください。

金網は金具と連結している状態では、ランタン本体から外れません。

ランタンの中で金網と金具を外してから取り出します。

パーツを解体し終わりました。

組み立てる時のために、外した順番など分かるようにしておきましょう。

筆者は使い込んだ風合いを残したいので、簡単にアルコールを薄めた水で磨いていきます。

真鍮本来のピカピカした状態に戻したい場合、金属磨きやお酢で磨くと輝きが蘇りますよ。

磨き終わりました。

あとは元通りに組みなおしてお手入れ完了です。

スス汚れが多い場合、そこかしこに汚れが飛散するので養生は念入りにしておきましょう。

E.Thomas & Williams「マイナーズランプ」で味わい深い“大人のテントサイト”を演出

機能性や安全性の面からも、野外で使うキャンプ向きのオイルランタン、E.Thomas & Williams(イートーマス&ウィリアムス)のマイナーズランプ。

他にはない重厚でヴィンテージ感あふれるデザインは、キャンプ場でもひときわ目を引きます。持っていると確実に自慢できるランタンなので一度購入を検討してみては如何でしょうか。

▼その他のおすすめオイルランタンはこちらの記事でもご紹介!