6〜8月に春を迎えるピーマン。苦味がおいしいのですが、それが苦手という人もいると思います。今回はそんな方でも美味しく食べられるレシピをご紹介します。

栄養豊富なピーマンは油と一緒に食べると吸収率アップ! 食欲のない夏にはぴったりな食材

ピーマンは、見た目は全然違いますが、実はトマトやなす、じゃがいもと同じナス科の夏野菜です。おなじみの緑色のピーマンは苦味が特徴ですが、赤ピーマンやパプリカもは甘味があります。

どちらもビタミンCとベータカロテンが多く、油と一緒に食べることで吸収力が上がります。濃い緑色や赤色の野菜には抗酸化物質が豊富に含まれているので、栄養面もバッチリです。

ピーマンは濡らすと傷みが進むので、保存する際は洗わずそのままビニル袋に入れて冷蔵庫に保存します。水気がある拭き取ってから入れましょう。

【ピーマンの夏レシピ1】彩鮮やか! いろいろな歯応えが楽しい鶏肉とパプリカ、ナッツの塩ダレ炒め

ピーマンの緑とパプリカの黄色と赤色が視覚からも元気をくれるレシピです。パプリカの甘味がピーマンの苦味を中和してくれます。塩だれとナッツがマッチした一品です。

〈材料〉(2人分)

  • ピーマン…2個
  • パプリカ(黄色・赤)…各1/4個
  • 鶏もも肉…160g
  • ねぎ…40g
  • 素焼きミックスナッツ…お好みの量
  • 片栗粉…大さじ2
  • ごま油…大さじ1
  • 塩…適量
  • 粗挽き黒胡椒…適量

〈A〉

  • 塩ダレ
  • 酒…大さじ1
  • 水…大さじ1
  • 鶏がらスープの素…小さじ1/4
  • 塩…適量
  • 胡椒…適量

〈作り方〉

1.ピーマンとパプリカは食べやすい大きさに、ねぎは1cm幅に切ります。

鶏もも肉は一口サイズに切って塩・胡椒・片栗粉をまぶします。ミックスナッツはそれぞれ半分サイズくらいにカットします。

2.〈A〉でタレを作ります。

3.熱したフライパンにごま油を引き、鶏肉とナッツを炒めます。

4.鶏肉の表面に色がついたらねぎを加えます。

さらにピーマンとパプリカを加えて色が鮮やかになるまで炒め、〈A〉を絡めたて、塩胡椒で味を調えたらできあがりです。

【ピーマンの夏レシピ2】カレー風味が食欲そそる! 豚肉とじゃがいものカレー炒め

夏野菜の仲間、ピーマンとじゃがいもを使った夏にぴったりなレシピです。

疲労回復の作用を持つビタミンB1を豊富に含む豚肉、食欲増進の作用のある生姜も入っているので、夏バテ防止にも役立ちます。

〈材料〉(2人分)

  • ピーマン…3個
  • 豚肉の切り落とし…100g
  • 新じゃがいも…150g
  • しょうが…1/2片
  • 塩…適量
  • カレー粉…小さじ1
  • サラダ油…大さじ1

〈A〉

  • しょうゆ…小さじ1/2
  • 酒…小さじ1/2
  • 片栗粉…小さじ1

〈B〉

  • しょうゆ…大さじ1/2
  • 酒…大さじ1/2
  • 砂糖…小さじ1/4
  • 胡椒…適量

〈作り方〉

1.ピーマンは種を取り除き1cm幅の輪切りに、新じゃがいもは皮を剥いて5〜7mmの輪切りに、生姜はみじん切りにします。

豚肉は食べやすい大きさにカットして〈A〉をまぶします。

2.〈B〉で調味料を作ります。

3.フライパンに大さじ1/2の油を引いて豚肉を炒めて、一旦お皿に取り出します。

4.フライパンの油を拭き取ったら、新たに大さじ1/2の油を引いてじゃがいもを並べ、少し隙間を開けて蓋をして弱めの中火で焼きます。

両面を3〜4分ずつ焼き、表面がカリッとするまでさらに1〜2分熱を通します。

5.ピーマンとしょうがを加えて炒め、ピーマンが鮮やかな色になったら塩で味を調え、3を戻します。

6.カレー粉を加え、2を回し入れてさっくりと混ぜ合わせたらできあがりです。

【ピーマンの夏レシピ3】うどんで作るナポリタン! 人参・玉ねぎ・しめじ・卵など、具だくさん

スパゲッティを茹でる手間を省いた、うどんを使ったナポリタンのレシピです。仕上げに卵を入れてみました。

野菜を炒める際には塩胡椒を入れがちですが、あえて少し砂糖を入れています。こうすることで野菜をコーティングして旨みを閉じ込めてくれるので、美味しさが引き立ちます!

〈材料〉(1人分)

  • ピーマン…1個
  • 人参…20g
  • 玉ねぎ…30〜40g
  • しめじ…30g
  • ベーコン…40g
  • にんにく…1片
  • うどん(冷凍または茹で)…1袋
  • オリーブオイル…大さじ1
  • バター…5g
  • ウスターソース…大さじ1/2
  • ケチャップ…大さじ4
  • 砂糖…少々
  • 塩…適量
  • 粗挽き黒胡椒…適量
  • 溶き卵…1個
  • パルメザンチーズ…適量

〈作り方〉

1.ピーマンと人参、玉ねぎはやや厚めのスライスに、ベーコンは2cm幅の短冊切りにカットします。

にんにくはみじん切りに、しめじは食べやすい大きさに割いておきます。冷凍うどんは解凍しておきます。

2.フライパンにオリーブオイルを引いて弱火でにんにくを熱します。

香りが立ったら強めの中火にして、玉ねぎと人参を入れ、玉ねぎがしんなりしたらピーマンとしめじ、ベーコン、砂糖を入れて炒めます。

3.ピーマンが色鮮やかになったらフライパンの端に寄せ、フライパンの空いたスペースにケチャップを入れてグツグツするまで火を通します。

4.煮立ったら野菜と絡ませ、うどんとウスターソースを入れます。

5.バターを入れ、塩胡椒で味を調えたら、麺にかからないように溶き卵を流し込みます。

半熟になったら火を止め、仕上げにパルメザンチーズや黒胡椒をかけてできあがりです。

アレンジ次第でピーマン嫌いな人でもおいしく食べられる! 最後に…塩昆布のおにぎりレシピも紹介

最後にもうひとつ、一部で話題になったピーマンを使った絶品おにぎりもご紹介します!

〈作り方〉

ピーマン(1個)を細切りにして塩昆布(大さじ1)としらす(大さじ1)、ごま油(小さじ1)で和えます。塩おにぎりを握って白ごま(大さじ1)をかけ、具を上に乗せたら完成です!

この分量で3個くらい作れます。

今回は、暑い夏でも食欲が湧き、ピーマンが苦手なお子さまでも食べられるレシピを集めてみました。キャンプでは直火で丸焼きにして、オリーブオイルや塩、バルサミコなどをかけるだけでもおいしいですね。

栄養満点のピーマンを食べて、暑い夏を乗り切りましょう!

その他の、「なす」や「ピーマン」など夏野菜を使ったレシピもチェック!