こんにちは。“自然の中で遊ぶように暮らす” 夫婦ユニット『野あそび夫婦』のエリーです。先日、ルーフトップテントを搭載したバンで北海道のキャンプ場を巡ってきました。「一度は行くべき!」と聞いていた北海道キャンプの模様と、車中泊に最適な“おしゃれで使える”キャンプギアやお役立ちグッズ5選をご紹介します。

バンとキャンプするバンキャンプ旅 実際に使っているおすすめギアをご紹介

こんにちは。“自然の中で遊ぶように暮らす” 野あそび夫婦のエリーです。

バンライフに憧れて日産キャラバンをカスタムしたNONIWA号で、1週間ほど北海道キャンプに行ってきました。

▼野あそび夫婦のバンライフ記事はこちらにも▼

はじめてのバンキャンプ旅に向けてワクワクしながら、収納ボックスや車中泊グッズを新調。

こだわったのは 利便性はもちろん、見た目もおしゃれなもの。片付けが苦手なので、ポンと置いていても生活感の出ないものを選びました。

その中から、「これはオススメできる!」という5つのアイテムをご紹介します。

1)なんでも入る&ウレタンフォームで安心感抜群 オレゴニアンキャンパー ヤヴィン(YAVIN) 102QT

細々としたギアを入れておく収納ボックス。今までは無印良品の頑丈BOXを使っていましたが、もっと大きくて、なんでもポンポン入れられるボックス……と探して見つけたのが、オレゴニアンキャンパーの『ヤヴィン(YAVIN)102QT』です。

●外側は頑丈な作り 内側はウレタンフォームで車揺れにも安心

外側は耐久性に優れた高密度のポリエチレン素材。内側は耐衝撃性に優れたEVAフォームで、車揺れしてもギアが傷つきにくい構造になっています。

食器やランタンなどの大事なギアを入れるのにも安心です。

重ねてもびくともしない作りなので、車に積むには最適です。滑り止めはついていないため、ホームセンターで揺れ防止のゴムを購入して敷いています。

●なんといってもカラーがかわいい! くすみカラーな4色展開

特に気に入ったポイントは色! サイトでも浮かないアースカラーが魅力的です。どれもかわいくて迷いまくった末、コヨーテとミリタリーグリーンをチョイスしました。

●サイズは2パターン 重いのが苦手な方は小さめサイズがおすすめ

サイズは、容量約50ℓの『53QT』と、約90ℓの『102QT』の2種類。

本体の重さもあるので、中にギアを入れた時の重さは事前に想定しておきましょう。

積み込みの際、車が家から離れた場所にある場合は、軽くて小さめのボックスがおすすめです。

私たちは大きいものを探していたので90ℓに。ボックス本体はバンに積みっぱなしで、荷下ろしには小分けのボックスを利用しています。

2)折りたためて頑丈な取手付きコンテナ GORDON MILLER(ゴードン ミラー) 折りたためる取っ手付きコンテナ L

オートバックスのオリジナルブランドGORDON MILLER(ゴードンミラー)の『折りたためる取っ手付きコンテナL』は、折り畳めて見た目もかわいく、ほどよく重さにも耐えられるおすすめなコンテナです。

●普段の買い物カゴとしても重宝!

スーパーで買い物した食材を入れるカゴを探していたところ、なかなか気に入るものがなかったのですが、たまたま車用品を買いに行ったオートバックスで発見!

気に入って2つ購入しました。キャンプの時は、ひとつは買い物カゴとして、もうひとつは細々したものを持ち運んだり洗い物を入れるカゴとして重宝しています。

2ℓのペットボトルが2〜3本は平気で入る大容量で、日常使いできるのが嬉しいポイントです。

3)ランタンハンガー・ジャグ置き・イスにも使える! ミシガンラダー(MICHIGAN LADDER)木製脚立 Lサイズ

NONIWA号のルーフトップテント(ワイルドランド パスファインダー2)を組み立てる際に、「脚立があったらいいな〜」と思って選んだのが、ミシガンラダー(MICHIGAN LADDER)の木製脚立。

もっと軽いアルミ製と迷いましたが、これ、買ってよかったです! その理由をご説明していきますね。

●高さがある物置&ランタンハンガーとして大活躍

キャンプの時って、ついいろいろ置きたくなって、サイドテーブルが欲しくなりますよね。

脚立ならちょっとした物を置ける場所が何段もあるし、高い場所にLEDライトをおけばランタンハンガーにもなってとても便利。

ただジャグを置いても様になるし、休憩したいときにイスにもなる。脚立がこんなに使えるとは思いませんでした……! 車にルーフテントやルーフボックスがついている方にはオススメです!

ちなみに、小さいサイズもありました。

4)飲み込んでも安全なハミガキ粉? オーラルピース クリーン&モイスチュア

キャンプギアではないのですが、バンキャンプ旅で大活躍したのがハミガキジェル、オーラルピースのクリーン&モイスチュア。

食品とオーガニック成分100%でできた、飲み込んでも良いケミカルフリーのオーラルケア・口腔ケア製品・口腔衛生保湿剤です。

うがいや吐き出しが難しい要介護のお年寄りや闘病中の方に使えるように開発されたそう。

アウトドアの水場がない場所では、歯ブラシや指で磨いて拭き取るだけでもOKです。

天然由来の成分でできているということは、そのまま川に排水されることもあるキャンプ場の水場で使うのも安心ですね。

5)ライトや小物を吊すのに便利 マグネットフック

オートキャンプの時は、ほとんどの荷物を車から降ろしてキャンプしていたのですが、車もキャンプギアの一部であるバンキャンプ旅では、車内を照らす明かりが必要不可欠。

そんなとき、どこにでもつけられるマグネットフックがとても役に立ちました。

私の場合は、ハッチバックに3連になっているLEDライト(ベアボーンズのエジソン ストリングライトLED)をひっかけて使っています。

「ここにも明かりが欲しい!」と思ったときにすぐ移動できるので、ノンストレスです。

ドライフラワーもマグネットで吊るして、旅のおともにしましたよ。

自然と一体になれる北海道でのバンキャンプ旅 旅の様子もチェックして!

北海道は無料のキャンプ場も多く、生活とキャンプが一体化しているように感じました。キャンピングカー文化も進んでいるようで、バンキャンパーもたくさん見かけましたよ。

キャンパーさんもマナーの良い方が多く、夜はひっそりと最小限の明かりと焚き火だけで自然の中に溶け込んだキャンプを楽しんでいました。

そしてなにより、壮大な自然に囲まれたロケーションは想像以上。

「自然の中にちょこんとお邪魔させてもらうのが本来のキャンプなのかもしれない……」と身に染みた貴重な体験でした。

今後は、北海道キャンプで巡ったおすすめのキャンプ場と、そこで感動したキャンプ体験についてお伝えしていきますので、楽しみにしていてくださいね!

北海道キャンプで実際に使った"おしゃれで使える”車中泊・バンライフギアたち

バンキャンプライフに実際に役立った道具たち。いかがでしたか?

これからもどんどん増えていくであろう“車中泊キャンプ”や"バンライフ”。少しでも参考になると嬉しいです!

▼野あそび夫婦のバンライフ記事はこちらにも▼