みなさんこんにちは、[のざる]です。『おぎやはぎのハピキャンシーズン13』(メ〜テレ制作)では、シーズン7のプレゼンキャンパーとして登場したじゅんいちダビットソンさんが再び登場します。おぎやはぎのお2人に加え、ファッションモデル・タレントの高田秋さんとともに「無骨キャンプ」に挑戦。気になる内容は放送を楽しみにしていただくとして、今回は無骨キャンプで活躍するキャンプギアをチェックしていきます。

尾上製作所『マルチハンガー』

金属加工の技術を生かし、多数のアウトドア・キャンプ用品を販売している尾上製作所。その尾上製作所が販売する『マルチハンガー』は、ワイルドな無骨キャンプにピッタリなギアです。

この『マルチハンガー』は、アングルパイルと呼ばれる4本のポールと大小のハンガーを組み合わせて使うもの。

材質は全て鉄。そのため約5.3kgと重さはありますが、耐久性が非常に高くなっています。

アングルパイルの先端は尖っているので、地面に刺して固定することができます。ハンマーなどでしっかりと地面に打ち込み、固定して使ってください。

※ハンマーで打ち付けた箇所は塗装が剥がれる場合があります。

短いハンガーは、シェラカップ などを吊るしておけるフックとしても使えます。様々なグッズをセッティングして、自分好みのキッチンスタンドにしてみるのもいいですね。

鉄製のハンガーはとても頑丈! チェーンでダッチオーブンなどの重いものを吊り下げることもできます。

ハンガーの真下で焚き火を起こせば、チェーンに吊るしたまま焚き火調理をすることも可能です。

調理器具の収納スタンドとして使ったり、焚火を楽しみながら調理するグリルスタンドとしても使える『マルチハンガー』。組み合わせ次第で自分なりの様々な使い方ができますよ。

BushCraft(ブッシュクラフト) 『たき火フライパン』

続いては、BushCraft(ブッシュクラフト)の『たき火フライパン』。キャンプではおなじみであるスキレットと同様、鉄製の調理クッカーです。鉄製クッカーの特徴は、焚火や炭火を使った直火調理に対応しているということ。

出荷時にすでにシーズニングが施されているため、購入後すぐに使いはじめることができます。

しかしこのたき火フライパン、実は持ち手が付属していません。一体どのようにして使うのか。このノコギリにヒントが隠されているようです。

高田秋さんの手元には、たき火フライパンと大きな木の枝が。

木の枝を手頃にカットしたものと、たき火フライパン。ここまでくれば、どのようにして使うか答えが見えてくるのではないでしょうか。

このたき火フライパンは、取っ手・持ち手部分に自身の好きなものを取り付けることができます。

ハンドルの差し込み口に合うよう、木の枝の先端を加工。付属のハンドル固定用ネジ、もしくは自作した木釘(クサビ)を使ってハンドルを固定します。

このように、予め自分の好きなハンドルを自作したり、現地調達した木の枝などを加工し取り付けて使うこともできる仕組み。「自分好みのものに作れる」というのが、ブッシュクラフト好きに人気である理由のひとつです。

たき火フライパンには「浅め」と「深め」の2種類があります。浅型は鉄製ながらも軽量で携行性に優れているため、ソロキャンパーには人気のクッカーです。

最低限の荷物だけを持って行き、あとは現地で調達する。無骨キャンプにはうってつけのクッカーです。

ベルモント(belmont)  『極厚鉄板』

ベルモント(belmont)といえば、釣り具やアウトドア用品などを多数販売している「金物の街」新潟 三条のメーカー。焚火台はもちろん、コンパクトなゴトクやシェラカップなども有名です。

そのベルモントが販売する『極厚鉄板』。

本体の他に、取り外し可能なステンレスハンドルと収納用のコットンケースが付属。ハンドルはスクレーバーとして、コゲ落としにも使えます。

本体サイズは、約210×150×8.5mm。重さは約1.5㎏。2〜3人用のサイズです。

厚さ6ミリの黒皮鉄板を採用し、安定した温度と蓄熱効果が得られます。

たき火・ガス・炭火など熱源を選ばずに使うことができ、お肉はふっくら、野菜はシャキッと美味しく焼きあげることができると、とても人気の鉄板です。

鍋としても使える別売のリッド(蓋)を使えば分厚いお肉もしっかりと調理でき、一回り小さなサイズもありますので、キャンプスタイルに応じて使い分けましょう。

メーカー定価価格:4,070円

DOD(ディーオーディー)  『秘密のグリルさん用ゴトク』

こちらは、DODが販売する焚火用のゴトク『秘密のグリルさん用ゴトク』。DODといえば、カマボコテントやソトネノサソイなどユニークなアイテム名が多いことでも知られています。

ステンレス素材でできており、重さは約250g。サイズは約幅38×奥行12×高さ0.5cm。

かなりコンパクトですが、ソロキャンプで使うには十分な大きさです。

ワイヤーは丈夫な直径5mmを採用。もちろんたき火などの直火で使うことができます。

ワイヤーも4本設置されているので、クッカーなどを置いても安定しやすく、調理もしやすくなっています。

ステンレス製なので、たき火調理でついた汚れが落としやすいのも特徴です。

チタン製のものに比べて少々重くはなりますが、「安価・頑丈・錆びにくい・洗いやすい」だと、ソロキャンパーに人気のゴトク。

元々はDODのグリル『秘密のグリルさん』に付属しているゴトクと同じもの。単体でも発売しているので、安価で持ち運びやすいゴトクを求めている方におすすめできるアイテムです。

ベアボーンズ 『フォレストランタンLED』

身近なアウトドアスタイルをコンセプトに、おしゃれで実用性のあるアウトドア商品を展開するベアボーンズ社。

そのベアボーンズ社が発売する『フォレストランタンLED』は、炭鉱用カンテラを模した充電式のランタンです。

付属のUSBで充電し、充電時間は約4〜6時間。最大出力時は200ルーメンで4時間点灯可能。また、最小出力時であれば80時間以上の点灯が可能です。

バッテリー残量はインジケータで表示され、目視でわかりやすくなっています。また、点灯中はスチール製のボディが熱くならないことも特徴です。

さらに、点灯時には作動音がしないため、静かなキャンプの邪魔にもなりません。

持ち運び用のハンドルや、ランタンハンガーなどに吊るして使えるようフックがついています。吊るしても置いても使え、アンティーク調のデザインは自然の中に溶け込みます。

ベアボーンズ 『レイルロードランタンLED』

こちらもベアボーンズ社が発売する『レイルロードランタンLED』。

そもそもレイルロードランタンとは、戦前北米の鉄道会社が信号灯として使用していたオイルを使ったランタン。

そのレイルロードランタンの現代版としてリリースされたのが『レイルロードランタンLED』。

お洒落なランタンながら、エジソン球タイプのLEDを採用しているので取り扱いが簡単です。

マットな鉄製のシェードとホヤガラスの組み合わせが、とても落ち着きのある雰囲気を見せてくれます。

明るさは、ハイモードが200ルーメン、ローモードが35ルーメン。点灯時間はハイモードで約4時間、ローモードで約80時間点灯となっています。

メインギアだけじゃない ハピキャンならではの小物にも注目

無骨キャンプに登場するメインのギア以外にも、ハピキャンならではの小物も忘れてはいけません。

筆者も発売を待ち望んでいた『fam_mag Summer Issue 2020』。その付録で登場したのが、[『ネジ式ディスペンサーボトル』]です。

通常販売されているものは赤・水色・ベージュの3色です。

しかし通常カラーとは異なり、ハピキャンSeason13ではなにやらミリタリーテイスト満載なカーキ色のボトルを発見!

実はこれ、関係者にしか配られなかったという、超レア限定カラーモデルなんです。なんでも100個程度しか存在しないとか……。

欲しいけど入手できないレアもの。残念ながら筆者は持っておりません。

また、ハピキャンのロゴが入ったシェラカップやドリップコーヒーも用意されているようです。ロゴ入りのグッズは、今後ハピキャンオリジナルグッズとして一般販売されるかもしれません。

これらの小物は果たして本編に登場するのか? 是非放送をチェックしてみてください。

さらに筆者が気になったのは、じゅんいちダビットソンさんが履いていたブーツ。

このデザイン、どこかで見たような……。

よくよく見てみると、ブーツの横に『Field Core』のロゴを見つけました。

そう、これはワークマンのオリジナルブランド『Field Core』の『防水フィールドブーツ』。

軽量ながらも防水生地を採用した全天候型ブーツ。ミドルカットで水や小石が入りにくいので、川辺でのキャンプにはぴったりですね。

筆者も愛用しているワークマンですが、そのワークマンアイテムをじゅんいちダビットソンさんも使っていると思うとなんだか嬉しくなってしまいました。

ブッシュクラフトに使えるギアを本編でチェック! 武骨キャンプの参考に

今回の放送では、ブッシュクラフトの参考になる無骨なギアが多数登場します。いつもの便利なキャンプギアだけでは物足りなくなったなら、自然のものを最大限利用するブッシュクラフトにチャレンジしてみませんか?

番組を実際に観て、気になったギアや使い方などをぜひチェックしてみてくださいね。

[「おぎやはぎのハピキャン〜キャンプはじめてみました〜」]

  • 放送: 毎週水曜日 深夜 0時15分〜
  • テレビ朝日系列メ〜テレ(東海地区)地上波にて放送予定
  • 毎週水曜日 深夜3時よりGYAOにて2週間無料配信!
  • 過去の放送はハピキャン公式Youtubeでも配信中

▼こちらの記事もチェック▼