なかなか遠出ができない自粛中も、アウトドア気分を楽しめたら素敵ですよね。今回はハピキャン編集部メンバーが自粛中に購入したおすすめアイテムをご紹介します。前編ではコーヒータイムを満喫できるアイテムなどを中心にご紹介します。

HARIO(ハリオ)の便利なコーヒーグッズ2選! キャンプでも使えるドリップケトル&水出しボトル

ゆっくり丁寧に美味しいコーヒーを淹れる時間は、とっても幸せですよね。

まず初めに、編集部員ていが自粛中に購入した、HARIOの便利なコーヒーグッズをご紹介します。

●HARIO「V60ドリップケトル・ヴォーノ」:初心者に最適な細口ドリップケトル

美味しいコーヒーを淹れるために役立つのが、専用のドリップケトル。

HARIOの「V60ドリップケトル・ヴォーノ」は、注ぎ口が細いためお湯の量や注ぐスピードを調節しやすく、初心者にも最適なドリップケトルです。

サイズは3種類あり、コンパクトな500mlサイズなら、キャンプにも持って行きやすく、外で美味しいコーヒーを楽しむことができます。

直火OKなので、キャンプでもやかん代わりに使えそうです。1〜2杯分のコーヒーを淹れるのにぴったりなサイズですよ!

●HARIO「フィルターインコーヒーボトル」:ワインボトル型の水出しコーヒーボトル

HARIOの水出しコーヒーボトル「フィルターインコーヒーボトル」は、ストレーナー部分にコーヒー粉を入れ、水を入れて一晩置いておくだけで、美味しいアイスコーヒーが作れます。

コーヒーは、粉をそのまま入れても、コーヒーバッグを入れてもOK。耐熱なので、お湯をそのまま注いでもOKという使い勝手の良さ。

ワインボトルのようなオシャレなデザインも魅力です。

コーヒー以外にも、ベランダで摘んだミントなどのハーブに、水やお湯を注いでハーブティーを作るのにも重宝しています!

デザインも素敵なKalita(カリタ)のコーヒーグッズ2選! クラシカルな手挽きミル&小物

続いて、ていが購入した、デザインも素敵なKalitaのコーヒーグッズをご紹介します。

●カリタ「コーヒーミル 手挽き KV-1N(ナチュラル)」:クラシカルな手挽きミル

カリタの「コーヒーミル 手挽き KV-1N(ナチュラル)」はクラシカルな手挽きミルで、コーヒー豆を自分で挽く楽しさを堪能することができます。

ナチュラルな色合いとテーブルに出しておいてもかわいらしいデザインが気に入っています!

ハンドルを回してゴリゴリと豆を挽いている時の香りも良く、挽きたてのコーヒーの美味しさは格別です。

思っていたよりも大きなサイズでびっくりしたのと、粉の粗さを調整する加減が難しいので、いまだに毎回試行錯誤しながら使っています(笑)。でも、それらを含めてもやっぱり見た目がかわいいと毎回コーヒーを挽く時にテンションが上がるので、買って良かったです!

●カリタ「コーヒーミルブラシ」&「コーヒーメジャー」

美味しいコーヒーを楽しむためにあると便利なのが、コーヒーミルをお手入れするためのブラシと、コーヒー豆を計量するためのメジャースプーンです。

カリタの「コーヒーミルブラシ #44301」は、水洗いできないミルのお手入れに必須で、ミルと同じナチュラルな色合いが魅力です。

ミルの蓋を開けた部分が思ったより入り口が狭いのでブラシが奥まで届かなくてやや掃除しづらいのが難点ですが…(笑)、やはりブラシがあると使い終わってすぐサッと掃除できるので便利です。

カリタの「コーヒーメジャー #44016」は、コーヒー専用のメジャースプーンで、1杯でコーヒー1人前・約10gを計量することができます。

このスプーンにコーヒー豆を軽〜く1杯入れると大体10gになるので、計りで計量しなくても大体のグラム数が分かってキャンプの時など便利だと思います!

色がこの他に赤とうぐいす色から選べたのですが、シックなブルーが気に入ってこちらにしました。ブルーがかわいい!

バリスタ経験者おすすめコーヒーグッズ2選! HARIO(ハリオ)のコーヒーサイフォン&コーヒーミル

続いては、学生時代にはバリスタ経験もあるほどコーヒーへの愛とこだわりが強い編集部・藤石おすすめのコーヒーグッズを2つご紹介します。

●HARIO「コーヒーサイフォン テクニカ 2人用」:初心者にもおすすめなコーヒーサイフォン

まずご紹介するHARIO「コーヒーサイフォン テクニカ 2杯用」は、業務用のガスバーナーもアルコールランプも使用できる本格的なコーヒーサイフォンです。

編集部・藤石

普段はハンドドリップやフレンチプレスで楽しんでいましたが、リモートワーク中の優雅な安らぎを求めて購入しました。

編集部・藤石

サイフォンというと、高価な代物で扱うのが難しそうな印象もありそうですが、実はとても簡単に扱えて、初心者にもおすすめです。

味に差が出にくく、いつも同じ味で抽出できるほか、意外と抽出時間も短く、水の状態から5分とかからずコーヒーが出来るのも魅力です。

ぬるくなってしまっても、またランプに火を付ければ温め直すこともできるので、リモートワークなどの作業に集中してしまっても、美味しいコーヒーが楽しめます。

編集部・藤石

アルコールランプの火やコーヒーが流れる様子など目で見て楽しむこともできるのも魅力の一つ。

●HARIO「セラミックコーヒーミル・スケルトン 」:粗目を調節しやすく水洗いOKのコーヒーミル

HARIOの「セラミックコーヒーミル・スケルトン」は、臼はセラミック製、金属部はステンレスを使用しており、丸洗いができるコーヒーミルです。

美味しいコーヒーを淹れるためには、お湯がコーヒー豆と触れる時間が短いハンドドリップやコーヒーメーカーは細く、長めのパーコレーターなどは粗く挽くといったように、使用する抽出器具によって最適な粗目で挽くのがポイントです。

このコーヒーミルなら、簡単に好みの粗目に変更して美味しいコーヒーを楽しむことができます。

編集部・藤石

粗目を調節するナットが本体上部についているのが一番のおすすめポイント。臼の下についているミルが多いですが、この商品だと手を汚さずに簡単に粗目を調節できます。

編集部・藤石

ミルがそのまま保存容器になるので、今日明日使う分はあらかじめ挽いておいて、飲みたいときにすぐに取り出せるのもおすすめです。専用の蓋もついているので、アウトドアでは挽いた状態で持っていけば荷物も減らせそうです。

ソニーの「ノイズキャンセリングヘッドホン」はオンライン会議に最適!

リモートワークの増加で、慣れないオンライン会議に苦労した人も多いのではないでしょうか。

編集部員・荒木が購入したのは、オンライン会議で役立つノイズキャンセリングヘッドホンです。

●ソニー「ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン WH-1000XM4」

ソニー「ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン WH-1000XM4」はノイズキャンセリング機能に優れたヘッドホンで、周囲の会話を気にすることなくオンライン会議に集中することができます。

マイクの音質も優れており、ヘッドフォンを外すと同時に音楽が停止し、装着すると音楽が再生されるという機能も便利です。

オフィスの自席の周りでオンライン会議が多発し、自分の会議や仕事に集中できない状態に。そこで、仕事に集中する手段として購入しました。隣で同じ会議をしていても全くハウリングせず、別の場所で会議しているように感じます。オンライン会議が増えている中、購入して良かったです。

毎日のコーヒータイムやリモートワークを快適に! キャンプでも美味しいコーヒーを楽しもう

今回は、ハピキャン編集部員3名が自粛中に購入したおすすめアイテムをご紹介しました。

ステイホーム中も楽しめる、毎日のコーヒータイムや、リモートワークに役立つアイテムはいかがでしたか?

キャンプなどアウトドアができるようになれば、コーヒーグッズを持って行き、自然に囲まれて美味しいコーヒーを楽しむこともできますね。

後編では、ハピキャン編集部員5名によるおすすめアイテムをご紹介します。お楽しみに!

(ライター:チエ)

▼その他の編集部おすすめアイテムやキャンプ場紹介記事も合わせてチェック!