通過すると思ったら…台風14号 来週には急旋回して日本海へ

通過すると思ったら…台風14号 来週には急旋回して日本海へ

 沖縄県の南大東島を目指して進んでいる台風14号は、列島を回り込むようにして、週明けにも日本海側に到達する可能性が高くなってきた。今後の動きに注目だ。

 10日正午現在、台風は南大東島から約340キロ南の海上を時速20キロで北西に向かって進んでいる。中心気圧は992ヘクトパスカル、中心付近の最大風速18メートル、最大瞬間風速25メートルで、中心の南側と北側では風速15メートル以上の強風が吹いている。

 台風は11日昼ごろ、沖縄本島の那覇市に最接近する見込みで、大東島では今夜にかけて強い風が吹き、あすは沖縄本島や先島諸島でも風が強まる見込み。

 気象庁による5日先の進路予測によると、台風は12日にかけて沖縄周辺を通過して東シナ海に抜けたのち、週明けにも中国・上海沿岸に到達。

 その後は、進路を反転して急旋回しながら北朝鮮北部に上陸する見通しで、15日にはロシア・ウラジオストク沿岸の日本海に進むと予想されていることから、今後も動向に注意してほしい。

■お盆休み中の台風の動きやお天気は、ハザードラボ「台風マップ」「気象情報」でチェックしてください。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

ハザードラボの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索