「4月:花冷えが続く」気象庁が1カ月予報

「4月:花冷えが続く」気象庁が1カ月予報

 新年度が始まる4月は、新元号の発表でなんとなく華やいだ気分だが、この先1カ月は全国的に寒気の影響を受けやすく、気温の低い日が続く見通しだ。

 気象庁によると、北日本では寒気が流れ込みやすく、この先1カ月は低温が続く予想で、とくに前半は冷え込んで、雪が降る日も多くなるおそれがある。日本海側では、日照時間が平年並みか少なくなる予想で、桜前線の北上ペースもブレーキを踏みがち。太平洋側でも数日の周期でコロコロ天気が変わる見込みだ。

 東日本も換気の影響を受けやすいため、1カ月の気温は平年並みか低くなる予想だ。日本海側では天気が変わりやすく、降水量が平年並みか多くなる見込みで、晴れの日も平年並みか、少なくなる見通し。

 西日本と沖縄・奄美地方の向こう1カ月間の気温は、ほぼ平年並みの見込みだが、やはり前半は寒気の影響を受けやすいため要注意。


関連記事

ハザードラボの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索