太平洋側「3月半ばから少雨続く」気象庁が注意呼びかけ

太平洋側「3月半ばから少雨続く」気象庁が注意呼びかけ

 東日本と西日本の太平洋側では、3月中旬から雨が少ない日が続いている。東京や大阪、鹿児島では、過去6週間の降水量が平年の半分以下となっていることから、気象庁は25日、農作物や水の管理に注意するよう呼びかけた。

 太平洋側の地域では、先月中旬から高気圧に覆われて晴れる日が多く、低気圧や湿った空気の影響が少なかったことから、ほとんど傘の出番が無かった。

 気象庁によると、3月11日から4月24日にかけての各地の降水量(速報値)は、東京92.5ミリ(平年比49%)、大阪81.5ミリ(51%)、広島102ミリ(50%)、名古屋109ミリ(56%)、鹿児島125ミリ(42%)などと、平年の半分近くにとどまっている。

 27日から始まる10連休を控えて、気象庁は「今後2週間程度は、雨が降る日もあるが、これまでの少雨を解消するほどまとまった雨が降る可能性は低い」として、期間中の農作物や水の管理に注意するよう呼びかけている。


関連記事

ハザードラボの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索