日本海にある前線を伴った低気圧の影響で、九州北部では大雨が降り続いており、気象庁はけさ佐賀県に土砂災害警戒情報を発表した。

 日本海にある前線を伴った低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込んでいるため、九州北部では大気の状態が非常に不安定となっている。この低気圧から伸びる寒冷前線が今夜にかけて九州南部まで南下することから、九州北部では昼過ぎにかけて、南部では今夜遅くにかけて局地的に雷や竜巻などの激しい突風のおそれがある。