27日午前、JR千歳線で停電が起き、苫小牧や新千歳空港と札幌の間で一時、運転を見合わせ56本が運休しました。

 27日午前11時すぎ、JR千歳線の恵み野と新札幌の間で架線に流れる電流が止まるトラブルがありました。このため、JR千歳線の苫小牧や新千歳空港と札幌の間の下り線で一時、運転を見合わせました。午後1時半ごろから運転は随時再開されましたが、快速エアポート27本を含む、56本が運休しました。JR北海道によりますと、このトラブルで、およそ8000人が影響を受けました