他人のクレジットカード情報で不正に買い物をしたなどとして、逮捕・起訴された帯広警察署の巡査部長が懲戒免職となりました。

 懲戒免職となった帯広警察署の巡査部長・池田勝丸(いけだ・かつまる)被告は、去年、不正に入手した他人のクレジットカード情報を使い、通販サイトで高額なイヤホンを購入した罪などに問われています。道警監察官室によりますと、池田被告は、捜査資料や警察の情報システムを悪用し、カード番号や個人情報などを入手していました。池田被告は「浪費ぐせがあった」と話しているということです。