道の緊急事態宣言終了後、最初に迎えた3連休。道内に、にぎわいは戻ったのでしょうか。各地の表情です。

 3連休初日、20日の函館です。朝から行列ができたのは、今月3日から休館していた、市の中央図書館です。

 「本が好きだからいっぱい借りれるからうれしい」(利用者)

 図書館は、感染防止に本を消毒する機械も設置し、今月末までは閉館時間を3時間早めます。

 オープンを6日間延期していた、おたる水族館も営業を再開しました。セイウチの「ウチオ」も大きくなりました。

 「水族館に来られてうれしいよね」(訪れた客)

 こちらは、本来なら春休みも重なり、混雑する新千歳空港ですが、旅行者の姿は多くはありません。

 「仕事で急用が入ったものですから、不要不急はわかっているんですけれども」(旅行者)

 今月グランドオープンした国際線のターミナルでも人影はありません。

 3連休には、暮らしに明るい兆しも。札幌北区のホームセンターでは…。

 「家が近いから犬を連れて買い物したり、体を持て余している」(買い物客)

 外出自粛の動きで売れ筋にも変化が。この店では、自宅で運動できるウォーキングマシンが、今月だけで6台売れたほか、チューハイなどが去年より1.5倍売れるなど「宅飲み」増加の傾向もみてとれます。

 札幌の奥座敷・定山渓温泉。3連休で客足は戻ったのでしょうか。

 「卒業旅行。自粛を解禁したということで、よかったです」(訪れた客)

 温泉と言えばおまんじゅう。ふだんは行列ができるこの店では…

 「まだ去年のように(客は)来ないです。人の波は来ないです」(まんじゅう店従業員)

 羽が生え変わったキングペンギン。輝く白さでお散歩です。新型コロナウイルスの騒動にも閉園を選択しなかった旭川の旭山動物園。旭川市民や道内からの家族連れなどでこのにぎわいです。

 「すごい(ペンギンの)歩きが思ったより早かった」(来園者)
 「こういうときだからこそ、当たり前の景色がちゃんとあるのも大事」(旭山動物園・坂東元園長)

 「緊急事態宣言」は終了しましたが、道は感染リスクの高い場所への外出は、控えるよう呼び掛けています。道内に本来の春らしいにぎわいが戻るのには、まだ時間がかかりそうです。