根室地方で初めてとなる高規格道路の一部区間が、22日開通しました。

 開通したのは、「根室道路」の根室インターと温根沼インターの間、7.1キロです。地吹雪の多い地域で、並行する一般道の通行止めが度々発生していたことから、今後は観光面だけでなく医療や流通の面でもアクセスの向上が期待されます。

 「とても楽しみにしていた」(利用者)

 通行は無料で、根室・釧路間の所要時間は、これまでより3分ほど短縮されるということです。