新型コロナウイルスの新たな感染者として、20日に札幌市が発表した50代の男性は、19日感染が明らかになった渡航歴のある60代男性の会社の同僚でした。

20日に感染が発表されたのは、札幌市の50代の男性会社員です。

男性は15日にのどに違和感があり、その後、せきや発熱、下痢の症状が出て、19日、検査で陽性と判明しました。

男性は、19日に感染が明らかになった渡航歴のある60代の男性と会社の同僚でした。

男性が勤める会社では体調不良を訴えている人はいませんが、札幌市はほかに濃厚接触者がいないか、詳しく調べています。