“昼カラ”で新型コロナウイルスの集団感染が起きている小樽で28日、新たに利用客14人の感染が判明しました。

 小樽で新たに感染がわかった14人はいずれも“昼カラ”の利用客でした。集団感染が起きた3店のうち、「カレン」は経営者が感染して入院し、客の情報を聞けないため、市は店名を公表しました。また、市は昼カラの店に休業するよう要請し、公共施設を来月12日まで休館すると発表しました。
 このほか、札幌で2人、石狩地方で1人が感染し、道内では28日、緊急事態宣言解除後最も多い17人の感染が確認されています。