新学期からの学校再開に向けて、北海道教育委員会は、学校ではマスクを必ず着けるよう指示し、手に入らないときは、マスクを手作りするよう呼びかけました。

 「マスクを必ず着用してもらって…すべての学校が講ずべき措置」(道教委・佐藤嘉大教育長)

 北海道教育委員会の佐藤嘉大(さとう・よしひろ)教育長は、新学期からの学校再開では、文部科学省が示したマスクの手作りを道内でも広げたい考えを示しました。

 「マチをあげての運動ということにしてくれればいいのかなというふうに思います」(道教委・佐藤嘉大教育長)

 また、合唱など感染のリスクが高い授業や部活動は、やり方を工夫する必要があるとしました。入学式については、小学校は子どもが1人で学校へ向かうことが難しいことから、保護者が参加できる方針を固めました。一方、在校生は参加できないほか、中学・高校は保護者の参加を見送る方針です。