新型コロナウィルスの感染予防策を生活に取り入れる「新北海道スタイル」を普及しようと札幌の代表的な施設がグリーンにライトアップされました。

 日が暮れると、さっぽろテレビ塔が緑の光に包まれました。
 これは26日、推進協議会が設立された「新北海道スタイル」を広く知ってもらおうと札幌市が企画しました。
 新北海道スタイルとは「2メートルの人との距離」や「手洗い」「咳エチケット」「オンラインの活用」など、新型コロナウィルスの感染予防策を生活に取り入れる取り組みです。
 イメージカラーのグリーンのライトアップは、さっぽろ時計台、大通公園西4丁目の噴水、札幌市民交流プラザなどで来月末まで行われます。