新型コロナウイルスの感染者が相次いで確認されている大型クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」。道内から船旅に参加し、留め置かれることになった人もいます。

 「隔離生活が長引くに従ってみなさん持病が悪化したり、なんでもない人が熱を出したりしている」(乗客の千田忠さん)

 「ダイヤモンド・プリンセス」ではこれまでに乗客や乗員135人が新型コロナウイルスに感染したと確認されています。

 「掃除も入ってません。乗員が室内に入れませんので。動けないし、部屋歩きをしています一生懸命」(乗客の千田忠さん)

 人との会話もできず、情報もインターネットで手に入れているといいます。

 「旦那さんが陽性で連れていかれて独りとかいう人がかなりいる。精神的な苦痛が加速度的に増している」(乗客の千田忠さん)

 千田さんは、災害時の避難所と同じように、専門家らが乗客の心や体をケアする必要性を訴えます。

 「災害の国日本の中で蓄積された知見を当初から組み込んでいなかった」(乗客の千田忠さん)

 千田さんは乗客の有志と共に厚生労働省に船内の環境の改善を求めています。