新型コロナウイルスの影響が広がる中、安倍総理が国会の答弁で、東京オリンピックの延期の可能性についても触れ始めました。道内でも、関係者がその行方に注目しています。

 「アスリートの皆さんのことを第一に考え、延期の判断も行わざるを得ないと考えています」(安倍首相)

 23日の参議院予算委員会で、安倍総理は東京オリンピックについて「中止は選択肢にない」としながらも延期について言及しました。

 「率直に残念ですけど仕方ないですよね、この状況なので」(美容室桜井・川島みゆきマネージャー)

 札幌市中央区にある、こちらの美容室では、オリンピックの札幌開催に合わせて「マラソン・ウェルカム・トゥ・サッポロ」と書かれた横断幕を掲げ、歓迎ムードを高めています。

 「日本でやることに変わりないし、まだ札幌でやるというのも希望を捨てていないので、このまま終わるまで飾っておきます」(川島みゆきマネージャー)

 また、道内の陸上競技会の主催や運営を担当している競技団体からは、開催が延期された場合の選手の準備を心配する声も上がっています。

 「選手は粛々とマラソンですと、逆算して準備はしているので、それが1年後になると、やり方も変わってくるし、同じ力を発揮できるかというと決してそうでもないし」(北海道陸上競技協会・橋本秀樹専務理事)

 一方、鈴木知事は、23日、道議会の答弁で「IOCの判断を注視しながら、大会成功に向けて、組織委員会や市と連携して準備を進める」と、これまで通りの方針を述べています。