道路交通法が改正され、30日から「あおり運転」に対する取り締まりが厳しくなりました。

 30日から施行された改正道路交通法は、これまで明確な規定がなかった「あおり運転」の罰則を定め、ほかの車を妨害する目的で、車間距離を詰めたり、急な割り込みをしたり、10の行為が処罰の対象になりました。
 違反すると免許が取り消され、最高で5年以下の懲役、または100万円以下の罰金が科されます。
 30日、道央道の輪厚パーキングエリアで、警察官らが「あおり運転」の防止を呼びかけました。

 「あおり運転が1つでも少なくなることを願っております」(道警高速隊・岡田雅之管理中隊長)

 警察は、ドライブレコーダーの設置とあおり運転を受けた際に、車の外に出ずに通報するよう呼びかけています。