新型コロナウイルスの感染拡大のなか、医療機関へのアンケート調査の結果が公表され、深刻なマスク不足が浮き彫りとなりました。

 北海道医療労働組合連合会の調査によりますと、組合に加盟している24の医療機関のうち、18の機関でマスクが不足していることがわかりました。また、12の医療機関では、職員1人に1日1枚しかマスクがあたらず、交換ができない状況だということです。北海道医労連は道に対して、マスクや消毒液を医療機関に優先的に提供するよう求めています。