新型コロナの影響で、多くの海水浴場がオープンを見送る中、小樽の「ドリームビーチ」が、道内のトップを切って海開きをしました。

 「小雨が降る中での海開きとなりましたが、海岸では子供たちの声が響いています」(記者リポート)

 初日の26日は、海の家の関係者らが参加して、今シーズンの安全を祈願しました。

 「こういうときなので、逆に海に来て遊んでいただいて、楽しんでいただければ」(ドリームビーチ協同組合・深井静枝理事長)

 「ドリームビーチ」では、この夏、9軒の海の家が営業を始める予定で、感染対策として、アルコール消毒液を置いたり、席を少なくしたりするほか、利用者に距離を置くよう呼びかけることにしています。
 「おたるドリームビーチ」は、8月31日までです。