おととしの胆振東部地震で、安平町が、追分地区に出していた避難指示を、13日、解除しました。これで、道内の避難指示はすべて解除されました。

 安平町追分柏が丘地区では、おととし9月の胆振東部地震で、住宅地近くの地面が崩落するおそれがあり、4世帯5人に避難指示が出されていました。

 町は「のり面の工事が完了し危険性が回避された」として、13日、避難指示を解除しました。

 ただ、この地区の住宅は、すでに公費で解体されていて、住民が戻るかどうかは、決まっていないということです。

 胆振東部地震から1年5か月が経ち、これで避難指示はすべて解除されましたが、被災者の生活再建には時間がかかりそうです。