偽のブランド品を、販売する目的で所持していた疑いで、暴力団員の男が逮捕されました。

 逮捕された六代目山口組二代目大石組の構成員・河岸修(かわぎし・しゅう)容疑者は、9日、有名ブランドの偽物の財布やバッグなど、あわせて52点を、販売目的で所持した疑いがもたれています。
 河岸容疑者は、9日、偽ブランドの財布などを何者かに譲り渡した疑いで逮捕され、その後、自宅や車の中から偽ブランド品が見つかりました。
 警察は、偽ブランド品の販売で得た利益が、暴力団の資金源になっていたとみて捜査しています。