浦和学院vs聖望学園が実現!注目の好カードを一挙紹介!【春季埼玉大会展望】

 4月26日から開幕する春季埼玉県大会。厳しい地区予選を勝ち抜いた39校がシード権と春季関東大会を目指して熱戦が繰り広げられる。各ブロックの見どころ、注目カードを紹介していきたい。

■日程付きのトーナメント表をチェック!

佐野涼弥(浦和学院)

浦和学院・浦和実ブロック

 一番の注目は27日に開催される浦和学院vs聖望学園の一戦だ。昨秋優勝の浦和学院は一冬超えて戦力に厚みが増した。エース・佐野 涼弥、完成度の高さを誇る清水 洋炳の2本柱は絶対的な存在。打線では家盛 陽介、蛭間 拓哉など左の強打者が揃う。地区予選でも危なげない戦いを見せている。聖望学園は140キロ右腕・西澤海、最速142キロ右腕・佐藤祐哉と2人の好投手を揃え、打線では1番川村京佑を中心に強打者揃いだ。激しい戦いが期待できそうだ。

 このチームの勝者は山村国際と本庄東の勝者と対戦する。本庄東のエース左腕・桐敷 拓馬は、完成度の高いピッチングを見せる。一冬超えて球威・球速面で成長を見せることができるか。同ブロックには、高岸 知輝を中心に打力が高い揃う早大本庄、強打がウリの埼玉平成、好打者・大嶋 駿がチームを引っ張る慶應志木など好チームが揃う。

 シードの浦和実は朝霞の勝者と対戦。浦和実の注目は2年生左腕・英 真太郎。昨秋の時点で130キロ近い速球を投げ込んでおり、一冬超えての成長を期待したい。

 同ブロックには大型左腕・メンディス 海擁する市立川越が登場する。隣のブロックでは、川越東が県立川越と対戦。川越東は長く坂戸西の監督を務めていた野中祐之氏が監督に就任。投打に好選手を揃える川越東は新監督の下、どこまで勝ち進むのか。同ブロックには強打の川越工も登場。序盤から川越市の学校同士の戦いが繰り広げられる。

清水達也(花咲徳栄)

春日部共栄・花咲徳栄ブロック

 投打ともにバランスが取れた春日部共栄は、越谷西と対戦。同ブロックでは、最速142キロ右腕・矢口 皓太擁する山村学園、強豪・昌平も同ブロックで、序盤から激しい戦いが期待できそうだ。隣のブロックでは伝統校・上尾が、140キロを超える速球を投げ込む速球派右腕・布川雄大擁する武南と対戦。同ブロックでは叡明と立教新座の対決も実現している。

 花咲徳栄は草加と対戦。投手では甲子園経験のある綱脇 慧、清水 達也の2枚看板に加え、新2年生の野村佑希は昨秋は打者メインだったが、非公式試合では登板しながら投手としての実力を身に付けてきた。今春は4番打者として本塁打を打つだけではなく、投手としても活躍を見せており、投打で活躍に期待がかかる。そして1年秋から活躍し、プロからも注目される左の巧打者・西川 愛也が最終学年を迎えた。投打の総合力は県内トップクラスの花咲徳栄は、昨秋に続いて関東大会進出を決めることができるか。

 花咲徳栄のブロックには実力校が揃う。1年生からの経験者が多く、一歩ずつ実力を身に付けてきた開智は、桶川と対戦。その勝者は、地区予選で埼玉栄をコールドで破っている大宮東と対戦。大宮東は、大型三塁手・緒方 康貴、制球力の高さを武器に1年から活躍を見せてきた菅原 隆史が最上級生を迎えた。全体的な戦力の底上げに成功しており、上位進出に期待がかかる。

 隣のブロックでは、ふじみ野と白岡の対決が実現。ふじみ野には、高野 将生、白岡には、根岸 健弥と両チームとも好投手を擁しているだけに1点を争う好勝負が期待できそうだ。そしてその勝者は近年、躍進を見せている星野と対戦する。

 今年も早くから好カードが実現しており、特にシード権を争う2回戦は白熱とした戦いが期待できそうだ。どの学校がシード権を勝ち取るのか、見逃せない。

▼春季大会の情報はこちらから
2017年度 春季高校野球大会特集

ニュースをもっと見る

関連記事

高校野球ドットコムの他の記事もみる

主要なニュース

主要なニュースをもっと見る

13時42分更新

社会のニュースをもっと見る

12時48分更新

経済のニュースをもっと見る

09時13分更新

政治のニュースをもっと見る

13時34分更新

国際・科学のニュースをもっと見る

13時15分更新

エンタメのニュースをもっと見る

12時56分更新

スポーツのニュースをもっと見る

12時27分更新

トレンドのニュースをもっと見る

11時50分更新

仕事術のニュースをもっと見る

22時19分更新

生活術のニュースをもっと見る

10時04分更新

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索