高卒選手に最もチャレンジしているのはヤクルト・楽天?!過去10年の高卒1位競合選手から見るドラフト

 いよいよあと1ヵ月と迫ってきたプロ野球ドラフト会議。今年は奥川 恭伸(星稜)や佐々木 朗希(大船渡)らに何球団が競合するかが注目されているが、ここで過去の高卒ドラフト1位選手への競合を振り返りたい。

過去10年間で競合した高卒ドラ1選手たち

過去10年で最多の7球団指名を受けた清宮幸太郎

2009年
花巻東・菊池 雄星 6球団(西武・阪神・ヤクルト・楽天・中日・日本ハム)

2010年
履正社・山田 哲人 2球団(ヤクルト・オリックス)※外れ1位

2011年
東海大甲府・高橋 周平 3球団(中日・オリックス・ヤクルト)
英明・松本 竜也 2球団(巨人・横浜)※外れ1位

2012年
大阪桐蔭・藤浪 晋太郎 4球団(阪神・オリックス・ロッテ・ヤクルト
東福岡・森 雄大 2球団(楽天・広島)

2013年
桐光学園・松井 裕樹 5球団(楽天・ソフトバンク・日本ハム・DeNA・中日)

2014年
済美・安樂 智大 2球団(楽天・ヤクルト)

2015年
県立岐阜商・高橋 純平 3球団(ソフトバンク・中日・日本ハム)
仙台育英・平沢 大河 2球団(ロッテ・楽天)
東海大相模・小笠原 慎之介 2球団(中日・日本ハム)※外れ1位

2016年
高卒1位競合なし
横浜・藤平 尚真、履正社・寺島 成輝・作新学院・今井 達也らが単独指名。

2017年
早稲田実業・清宮 幸太郎 7球団(日本ハム・楽天・ヤクルト・ロッテ・ソフトバンク・巨人・阪神)
広陵・中村 奨成 2球団(広島・中日)
九州学院・村上 宗隆 3球団(ヤクルト・楽天・巨人)※外れ1位
履正社・安田 尚憲 3球団(ロッテ・ソフトバンク・阪神)※外れ1位

2018年
報徳学園・小園 海斗 4球団(広島・ソフトバンク・DeNA・オリックス)
大阪桐蔭・根尾 昂 4球団(中日・ヤクルト・巨人・日本ハム)
大阪桐蔭・藤原 恭大 3球団(ロッテ・阪神・楽天)

 この10年間の傾向として、投手中心に毎年1,2名の競合がアベレージと言えそうだ。しかし、2015年の平沢を皮切りに、2017年の4名、2018年の3名は全て野手となっている。これは単純に高卒野手にハイレベルな選手がいたということもあるが、各球団がスター候補の野手を獲得したいという思惑もあるだろう。

 2010年(早大・斎藤 佑樹、大石 達也など、1巡目入札は全12球団が大卒投手)や、2016年(創価大・田中 正義に5球団、外れ1位で桜美林大・佐々木 千隼に5球団)などのように、大卒投手に人気が集中した年は、高校生への競合は少なくなっている。

 今年の高卒に目を当てると、投手では奥川、佐々木を始め、U-18で評価を挙げた創志学園・西 純矢、興南・宮城 大弥らが食い込んでくる可能性もある。奥川、佐々木に何球団が競合するのかが大きな注目となっているが、果たして。

 野手では東邦・石川 昂弥が一躍1位候補に名乗りを挙げた形だ。近年のトレンドにもなりつつある高卒野手でもあるだけに、数球団が競合してもおかしくない状況だ。

各球団の競合回数

高卒選手獲得へ果敢に挑戦する楽天からドラフト1位指名をした辰己涼介

 また補足だが、各球団の競合回数を下記に示す。

8回
ヤクルト
楽天
7回
中日
6回
日本ハム
5回
ロッテ
ソフトバンク
阪神
4回
巨人
オリックス
3回
DeNA(横浜時代含む)
広島
1回
西武

 この10年間でヤクルト、楽天は8回の競合を経験しており、最も高卒選手に対してチャレンジしている球団と言えるかもしれない。逆に西武は1回と最も少ないが、その1回で菊池 雄星を引き当て、2016年には今井の単独指名に成功している。

 この数字のみで各球団のドラフト戦略を詳細に語ることはできないが、今年の高卒選手たちに対し、競合覚悟で指名に踏み切る球団はどこなのか、予想してみてはいかがだろうか。


関連記事

高校野球ドットコムの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る