2020年2月14日(金)14時30分から香川県丸亀市の「レクザムボールパーク丸亀」会議室において「2020年度(令和2年度)第73回春季四国地区高等学校香川県大会組み合わせ抽選会・開会式」が行われた。

 組み合わせ抽選会では、まず昨秋の秋季香川県大会ベスト8のうち、番号「1」に入った大手前高松(シード1位)、「35」に入った英明(シード2位)、「18」に入った四学大香川西(シード3位)を除く4校(藤井・高松南・高松北・高松商)がシードのくじを引き、残る28チーム30校(連合チームは石田・笠田、善通寺第一・飯山の2チーム)がフリー抽選を行い、組み合わせが決定。

 日程は選手の疲労軽減、3連投回避も考慮し3月20日(金)〜23日(月)の4日間で香川県営野球場(レクザムスタジアム)・レクザムボールパーク丸亀で2回戦までを消化した後は、3回戦が3月28日(土)・29日(日)、準々決勝が2球場で4月4日(土)。準決勝が香川県営野球場(レクザムスタジアム)で4月5日(日)。決勝戦は4月11日(土)となっている。

 では以下、簡単に各ブロックを展望していく。前編では大手前高松、高松南のブロックを中心に見ていく。

<シード1位・大手前高松ブロック>

最速147キロ右腕・内田 悠太

 大手前高松は秋の県高野連招待試合・星稜(石川)戦でも7回6安打2失点の好投を演じた最速147キロ右腕・内田 悠太(2年・右投右打・175センチ66キロ・高松市立国分寺中出身)が柱。

 「内田も自覚を持ってやってくれているし、得点率をアップさせることを春のテーマにする中で、紅白戦でも積極的な走塁が出ている」と、主将・山下 草輔(2年・二塁手・164センチ60キロ・右投右打・広島スターズ<広島・軟式>出身)も自信の表情をみせる。

 ただ、彼らの初戦は京都翔英(京都)ではセンバツ経験も持つ太田 弘昭氏が率いる難敵・藤井学園寒川。その他にも大型捕手・平井 章裕(2年・右投右打・186センチ89キロ・高松市立木太中出身)が主将を務める高松工芸や結束力の高い多度津などが控える。

 そして香川高専高松と香川高専詫間が初戦でぶつかる「香川高専ダービー」にも注目だ。

<シード・藤井〜シード〜シード・高松南ブロック>

強肩が光る古市 尊

 旧チームからエースを務める藤井の山脇 歩真(2年・右投右打・三豊市立髙瀬中出身)は昨秋138キロをマーク。この冬はトレーニング指導に長ける小林 大悟監督の下で強さとキレを追求し「今の身長体重は182センチ90キロ。体幹トレーニングで身体のキレも出てきた」(三好 智也部長)成長を見せている。

 初戦の坂出工は簡単な相手ではないが、ここを切り抜ければ2年連続春の県大会4強入りの可能性はグンと近づく。

 高松南のブロックは激戦。昨年12月の香川県高野連指導者講習会において講師役の日大三・小倉 全由監督から「小倉メソッド」を注入された丸亀城西に、稲木 友希(2年・右投右打・166センチ67キロ・綾川町立綾上中出身)、左翼手兼任の十河 大輝(181センチ77キロ・右投右打・高松リトルシニア出身)の右腕両輪がいずれも135キロを超える香川中央もここにいる。

 高松南としては実戦派・岩市 旺己(2年・投手・177センチ62キロ・右投右打・高松市立龍雲中)と強肩が光る古市 尊(2年・捕手・176センチ65キロ・右投右打・かがわ中央リトルシニア出身)のバッテリーを軸に、秋同様の粘り強さと勢いを使い分けた戦いを繰り広げたい。

 前編はここまで。後編では四学大香川西から高松北のブロック、そして高松商から英明のブロックの2つを中心に見ていきます。後編もお楽しみに!⇒(後編を読む)

(文=寺下 友徳)

関連記事
◆他の大会展望総括・コラムを読む
◆春季四国地区高等学校野球 香川県大会の組み合わせを見る