ホームランを打った後のパフォーマンスとして見せる「熱男―!」で、野球ファンだけではなく多くの人たちに認知される福岡ソフトバンクホークス・松田宣浩選手(中京出身)。

 2005年のドラフトで入団すると、2011年に初めてゴールデングラブ賞を受賞すると、2013年から7年連続受賞。2018年にはベストナインに輝くなど、名実ともに球界を代表する選手だ。そんな松田選手はどんな高校生だったのか。監督として3年間見守ってきた小嶋雅人さんにお話を聞かせてもらった。


前回までの記事はこちらから!
見た瞬間にプロになることを確信した。恩師が語る松田宣浩(岐阜・中京出身)の高校時代
高校生・松田宣浩(岐阜・中京出身)は熱男ではなかった?!恩師が語った意外な一面

高校通算60本は本物だった

福岡ソフトバンクホークス・松田宣浩選手

 遅くまで練習に打ち込んでいた高校生・松田選手だが、5年連続全試合出場を果たすなど身体が強い選手としても知られる。その強さは高校時代からだった。

 「3年生の時に一度強風で、ネットが倒れて松田の腰に当たってしまったことがあったんですが、それでも本人は『大丈夫です』と普通に打ち続けるんです。なので、天性の強さだと思いますね」

 その代わりなのか、年に1、2回ほど高熱を出してしまうこともあったそうだが、大きな怪我は3年間ではない。ケガをしても死球といった外的な要因しかなかったそうだが、トレーニングをしていると、意外な一面もあったようだ。

 「手押し車や馬飛びなど身体を使った自重トレーニングが中心で、それを通じて思い通りに身体を使えるようにしてもらいたかったんです。松田は身体能力の高さを活かして上手くやっていましたが、不器用な一面を見せる時もありました」

 そして集大成の夏、松田は2年連続の夏の甲子園を目指したが、甲子園には手が届かずに高校野球が終わった。ただ個人としては高校通算60本塁打を記録するなど、世代を代表すスラッガーとして活躍し、亜細亜大へ進学する。

 「突出した選手でしたね。身体能力に加えて身体が強い。それでいて期待を裏切らないバッティングをしてくれる。入学当初は60本も打つイメージはありませんでしたが、ずっとコンスタントに打ち続けていて、その実力は本物だったと思います」

長く活躍して、これからも証明してほしい

監督として岐阜・中京時代の3年間見守ってきた小嶋雅人さん

 亜細亜大へ進学した松田選手は1年生からリーグ戦で活躍。1年生の時は春秋のリーグ戦、さらには大学選手権に明治神宮大会の4冠を達成するなど、結果を残し続けた。この活躍を小嶋さんは嬉しそうに語る。

 「木製バットを使ってホームランなど長打を打ってくれるたびに、『冬場にやってきた木製バットを使った流し打ちは間違っていなかったんだ』と確信を持たせてくれました。大学進学を考える選手にとって大事なことだと証明してくれて嬉しかったですね」

 そして2005年に希望枠で福岡ソフトバンクホークスに1位で入団。常勝軍団の一員になると、今では球界を代表する選手にまで成長を果たした。現在も連絡を取り合って、激励のメッセージも送るという小嶋さん。

 またオフシーズンになると、現在指揮を執る宝塚医療大の野球部に足を運ぶという。さらに母校ではないが、同じ小嶋さんから教えてもらっている弟弟子に対してバットやボールなどを贈ってくれるとのこと。

 今もなお、監督と選手の間柄で繋がっている松田選手と小嶋さん。2020年で37歳を迎え、もうベテランの域に達した。そんな松田選手に向けてメッセージをもらった。

 「もうプロ野球選手として活躍するのは長くないと思うので、悔いのない選手生活を過ごしてほしいです」

 インタビュー中、数々のエピソードを語っていただいた小嶋さん。熱男・松田 宣浩選手は高校時代の恩師・小嶋雅人さんの熱き想いから始まったのだった。

(記事=編集部)