手本は今宮健太。浅野晃生(多古)が目指すは千葉県ナンバーワンショート!

 千葉県多古町。多古米など農産物が豊かなこの町に千葉県を代表する遊撃手がいる。その名は浅野 晃生。183センチ77キロと大型の体型ながら俊敏な動きから次々とファインプレーを連発するショートストップだ。高校通算14本塁打を記録し、にわかに注目度は上がってきている。そんな浅野はいかにして自慢の遊撃守備を磨き上げたのか?浅野のルーツを追った。

守備は今宮健太の動画を見て勉強 そして練習をとにかく重ね上達した


守備練習中の浅野晃生(多古)

 ―― 小学校4年で千葉県香取市にある「水郷アニマルズ」に入団し、野球を始めた浅野選手。当時、ポジションはどこだったんですか?

浅野:小学校と中学校(新島中)まではピッチャーをやっていて、ちょっとショートをやってたぐらいで、高校へ入って本格的にショートをやらせていただいております。

 ―― 新島中ではけっこういいところまで勝ち進めたのでしょうか?

浅野: 夏の最後の総体は県大会にいけていなくて、2回戦ぐらいで負けてしまいました。

 ―― そんな浅野選手が多古高校に来たきっかけは何だったんですか?

浅野: 僕は多古中学校の人と友達で、自分が中学校3年生の時に多古が千葉大会ベスト8までいって、多古中の友達が多古に行こうといっていたので、じゃあ自分も多古に行こうと決めました。

 ―― 実際に入学して、高校のレベルというのはどうでしたか?

浅野: 中学校までレベルが低かったので、高校に来て、すべてにおいてビックリしました。

 ―― そうなんですね。ベンチ入りはいつから始まったんですか?

浅野: 2年生の春です。

 ―― ベンチ入りするために迫屋監督にどこをアピールしましたか?入学当初はどこのポジションをやってたんですか?

浅野: とりあえず声です。ショートをずっとやらせてもらったのですが、とにかくへたくそで、打撃もダメダメで、とにかく声を出して目立ちたい思いました。またみんなに追いつくために1年生の冬に打撃を懸命に磨いてきました。打撃で大事にしてきたのは軸を安定させて遠くへ飛ばすこと。それがうまくいきました。 たまたまサードのポジションでチャンスをもらえることができて、ベンチ入りすることができました。

 ―― 夏は1回戦負け。課題になったことは何でしょうか。

浅野:サヨナラ負けだったんですが、詰めが甘いなと。最後の一球まで集中しようと思いました。夏休みからはサードからショートへ戻ることになって、守備範囲を広くすることを課題に取り組んできました。

 ―― そのためにどういう練習を行ってきましたか?

浅野: やはり意識の部分を替えたことです。守備練習では、足をいっぱい動かして守備範囲を広くして、捕球してからの送球もしっかりすることを意識しました。いつも守備練習では遊撃だけではなく、三塁、二塁を守るのですが、捕れなかったらスクワットをするんです。そうならないよう、一球一球を集中して取り組みました。

 ―― 守備を上達させる上で、プロのショートを参考にすることはあるんですか?

浅野: 動画サイトなどを見て参考にしています。自分が参考にしているのは今宮 健太選手(福岡ソフトバンクホークス)。今宮選手の持ち替えの速さを参考にしています。

 ―― 持ち替えを速くするためにどういう練習をしたんですか?

浅野: キャッチボールから、捕ってから投げる練習を繰り返し行ってきました。でこういう割る練習があるんですけど、それをしっかりやってきて、秋ぐらいには持ち替えも速くなってきました。

 ―― 浅野選手の守備を見ていると、強いスローイングができているように感じます。どういう意識で投げているのでしょうか?

浅野: 伸びのあるボールを投げようと思っていて、キャッチボールから山なりではなく、頭の高さでしっかりと投げることを積み重ねることによって投げられるようになりました。

この夏はどこのショートにも負けない活躍を

ゴロを捕球する浅野晃生(多古)

 ―― 2年秋は県大会初戦敗退。オフシーズンはどういう課題を持ってやってきたんですか?

浅野: 下半身をしっかりしようと思って下半身を強化したり、体重が少ないので、飯を食べて、体重を増やすことを意識しました。なかなか増えませんでしたが、入学当初は70キロでしたが、何とか78キロまで増やしました。

 ―― 2年秋には千葉県の第6ブロックが集結した東部地区大会で3本塁打を放ち、優勝に貢献します。

浅野:調子良かったです。ボールが見えてて調子よかったです。決勝では千葉黎明に勝利しました。自分は打てなかったんですけど、チームとして千葉黎明に勝てたことは自信になりました。

 ―― 東部地区大会でホームラン3本打ったってことは、けっこういいモチベーションで冬の練習に入れたんじゃないですか?

浅野: もっと頑張ろうと思いましたし、とにかく素振りでは力強く振って、スイングスピードを上げようと思ってやってました。とにかく振った記憶しかありません。

 ―― 一冬開けて3年の春先はいかがでしたか。

浅野: 練習試合では思うように結果が出なくて、春大会の地区予選はスランプで打てなくて、そこからちょっとバッティングフォームを変えてみたりしたんですけどダメでした。
 もうフォームのことは考えず、何も考えないで打席に立って、自然体で力強いスイングだけしようと思って。そうしたらだんだん、ちょっとずつ調子が上がってきてきました。

 ―― 県大会では初戦敗退したものの、千葉明徳戦では2安打。内容についてはいかがでしたか?

浅野: だんだん合ってきた感じですね。2打席目までちょっと力んでた部分がありましたが、そこから吹っ切れて楽になって、いいスイングができて打てました。

 ―― あの試合、守備でもけっこう見せ場があったじゃないですか。自分の中で一番いいプレーができたと思うのは、何回の守備ですか?

浅野:8回裏の三遊間に転がったゴロをアウトにした守備ですね。三遊間へ深いゴロだったのですが、さらに難しいバウンドもしていたのですがうまく合わせることができて、そこから上にすっぷ抜けることなくダイレクトスローができてよかったです。

 ―― 一方でバッティングが課題にでしょうか?

浅野:全体を通して、三振が多かったので、どんな球でもしっかり対応して、強い打球が打てるようにやっていこうと思って。まずはフォームをコンパクトにしました。調子自体は上がっていてミートもできるようになっています。
 意識することはボールをしっかり見て、強いスイングをして、強い打球を飛ばす。フォームは意識せず、自然体で向かうことを意識しています。
 守備も調子がいいので、維持していきたいです。

 ―― 夏へ向けて、東千葉大会の目標はどうですか。

浅野: 今まで全部県大会は1回戦で負けちゃってるので、1回戦の入りをしっかりして、一戦必勝で勝ち進んで、優勝したいです。

 ――あの時の守備は今までの自分の中でもうまくできた守備だったでしょ?

浅野: 狙った通りにいった守備でしたし、練習でやってきたことが公式戦でできるようになったので、自信になりました。

 ―― どうでしょうか。この夏で千葉県ナンバーワンショートって言われる存在になりたいですか?

浅野: もちろんなりたいです。どこのショートにも負けないようにやっていきたいと思いますし、攻守ともにまだ課題はあるので、そこをしっかりと突き詰めて夏に向かっていきたいです。

 試合に出たいからチームで一番声を出したと浅野は語るように、練習中から一番大きな声を出して場を盛り上げている。攻守の要ということで、チームメイトの信頼は厚い。小学校時代から同じ少年野球チームだったセンターの岡野太樹は「小学校の時は打っても投げてもすごい選手。明るくてチームの中心でした。今は守備が本当にうまいですし、センター前ヒットと思った打球も晃生(浅野)が捕ってくれます」と絶大な信頼を置いている。
 全国的には無名だが、千葉県ではにわかに注目されている浅野。初戦では強豪・成田と対戦。浅野はこの大会を機に、自分の名を上げていくことができるか。大いに注目したい。

文=河嶋 宗一


関連記事

高校野球ドットコムの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索