今年の大阪桐蔭で二刀流という注目すべき逸材は仲三河 優太だろう。小山ボーイズ時代は最速139キロ右腕としてジャイアンツカップ準優勝、さらに、U15代表を経験。この学年の中では実績も能力もピカイチだった仲三河は1年夏からベンチ入り。

 そこから肘のけがを乗り越え、野手に専念し、高校通算9本塁打のうち6本塁打は昨秋に放ったものである。丸 佳浩を彷彿とさせる打撃フォームから幅広くコースに対応し、長打を量産する姿には大きな可能性を感じさせる。そして今では投手の練習も行い、二刀流として伸び盛りの仲三河を追った。

日本一を目指し、大阪桐蔭に進んだ

仲三河優太(大阪桐蔭)

 栃木県小山市出身の仲三河。父と高校野球まで選手としてプレーしていた2歳上の兄に影響されて、栃木市立大平東小の大平東クラブでプレー。このクラブは仲三河の父が監督を務めていたこともあり、投手としてプレーする。

 また、大平中に進み、小山ボーイズに入部する。軟式から硬式への転向に、「高校野球をやりたかったので、中学生のうちに硬式になれて早く活躍したい気持ちで入りました」と振り返る。

 小山ボーイズ時代は走り込み重視のチームだった。特に冬場の走り込みは壮絶なものがあった。
 「野手でも10キロ走ることもありましたし、タイム走の設定もかなりきついものでした」

 そうしたハードな練習を乗り超えたものはライバルの存在があった。小山ボーイズの同期には侍ジャパンU15代表・NOMOジャパンに選ばれた朝井優太(健大高崎)、同じく侍ジャパンU-15代表の小倉 奨真(浦和学院)など好投手が多かった。

 そういった投手たちに負けないために練習を積み重ね、中学3年には体の成長とともに、ストレートの球速もアップし、中学1年生の時は120キロ程度だったものは、最速139キロまでレベルアップ。エースで4番を任され、チームの中心投手へ成長する。



バッティング練習をする仲三河優太(大阪桐蔭)

 仲三河は投打で活躍し、ジャイアンツカップでは決勝戦まで進む。しかし決勝戦の佐倉シニア戦に先発した仲三河は主砲・西川 僚祐(東海大相模)に本塁打を浴び、3対6で敗れてしまう。仲三河は甘さがあったと悔やむ。
 「過去に佐倉シニアとは、2試合練習試合で対戦しているのですが、いずれも勝っているのですが、そこで勝てるという甘さがあったと思います」

 そしてこの大会は仲三河にとって自分の可能性を切り開くものだった。まずU-15代表に選出。決勝戦のチャイニーズタイペイ戦で先発し、5回3失点の力投。優勝に貢献した。

 当時のコーチからは「ここではみんなで終わりではないので、もっと上を目指してほしい」とアドバイスを受け、さらに、ジャイアンツカップの活躍が認められ大阪桐蔭入学を決める。
 「夏の全国大会から大阪桐蔭に声をかけられてすべて準優勝という形。高校では日本一になりたいと思いましたし、日本一の大阪桐蔭で学びたいこともあるので、その覚悟で決めました。」

 中学で果たせなかった日本一を成し遂げるために、全国制覇を何度も経験している大阪桐蔭へ進学を決めたのだった。

野手として大活躍も自分は投手として活躍したい

仲三河優太(大阪桐蔭)

 そして入学すると、先輩を含めた周囲のレベルの高さに圧倒される。
 「日本一を狙っているチームなので、1つの油断も許せない雰囲気を感じました。そんな中、先輩方は一分の隙も見せなかったなと思います」

 そんな先輩たちに揉まれながら、仲三河は投手として台頭する。6月の香川県の招待試合でベンチ入り。大手前高松戦でリリーフとして登板した仲三河は4イニングを投げ、6奪三振。最速137キロのストレートで次々と空振りを奪う投球が光った。

 仲三河は「先輩に助けられた部分がありましたが、自分はストレートのスピードよりも球速表示以上に伸びのあるストレートを投げるのが得意なので、そのストレートは投げられてよかったと思っています」

 その活躍が認められ、1年夏の北大阪大会ではベンチ入り。順調にステップアップしたかに思えたが、1年秋に右ひじを痛め、治療に専念した。この期間、試合に出場するために、中学時代、名門・小山ボーイズで4番を打つほどだった打力をパワーアップするために、体を巨大化することを決める。

 ウエイトトレーニングを中心に行い、入学当時、177センチ83キロから180センチ90キロまでサイズアップ。

 一冬を超えると、まだ打者に専念してから日は浅かったが、より打球に遠くに飛ばせる手ごたえをつかむ。また構えも変化していった。オープンスタンスで構える姿は丸 佳浩(巨人)に似ている。
 「よく似ているといわれますが、丸選手の映像を見て変更したわけではありません。上半身と下半身の連動性、リズムが大事だと思っているので、そういう動きを求めた結果、今の打撃フォームにいきついて、指導者やトレーナーからもその構えが良いと評価してもらいました」



仲三河優太(大阪桐蔭)

 それから仲三河は安打、長打を重ねる。特に活躍が目立ったのは宿敵対決となった秋季府大会決勝の履正社戦。5打数4安打5打点。本塁打も放ち、大暴れだった。

 この試合について「自分は厳しい球は捨てて、甘い球は100パーセントの確率で打つことを心がけています。あの試合が最もボールが見えていて、うまくボールが反応できたと思っています」

 しかし近畿大会では15打数3安打2打点に終わり、思うようなパフォーマンスを発揮できなかった。秋で課題になったことは緩急を使う投手に対応することだ。
 「緩急を使う投手に対して、前に突っ込んでしまったり、待ちきれない部分があり、引っ張ってアウトという目立ちましたが、逆方向に長打が打てれば打撃は変わってくると思います」

 冬場では逆方向へ強い打球を打つことをテーマに取り組んでいるが、また投手としての練習を始めた。今では自由に取り組んでおり、投手コーチの石田コーチから「強いボールを投げられている」と評価は高い。

 打者として課題をつぶしつつ、実戦練習でアピールし、投手として登板できるチャンスをうかがっている。秋のパフォーマンスにより打者として注目されている仲三河だが、投手としてのこだわりのほうが強い。
 「だからこそ、選抜出場が実現すれば、この大会は自分の今後の野球人生を決めるうえで大事な大会です」

 まだ投打ともに発展途上ながら高いパフォーマンスを発揮する仲三河。この冬のトレーニングによって、大化けなるか。仲三河にとって2020年は今後の野球人生を占う大事な1年とる。

(取材=河嶋 宗一)




 春夏合わせて8度の全国制覇を果たし、いまや全国の高校球児、中学球児の憧れとなっている大阪桐蔭。
 高校野球ドットコム編集部総出で、現役球児にも参考になる練習方法や選手の考え方など、徹底取材してきました!

 大阪桐蔭の強さ、選手たちの意識の高さを学び、2020年からのチームや自分のスキルアップにつなげていこう!

〜予告〜 大阪桐蔭特集2020

1月10日(金)18:00配信
【動画】全部員を活躍させる大阪桐蔭メソッドに迫る

1月12日(日)12:00配信
大阪桐蔭の左腕エースでは田中誠也以来の実力派・藤江星河を覚醒させた「内角攻め」と「チェンジアップ」

1月15日(水)12:00配信
仲三河 優太選手インタビュー記事

1月17日(金)18:00配信
【動画】関戸康介選手特集

1月18日(土)12:00配信
松浦 慶斗選手インタビュー記事

1月23日(木)12:00配信
「西谷浩一監督が語る一流選手になる条件」コラムにて公開!

1月24日(金)18:00配信
【動画】松浦 慶斗選手特集

1月27日(金)18:00配信
【動画】藤江 星河選手特集

1月31日(金)18:00配信
【動画】仲三河 優太選手特集


※配信日時は予告なく変更になる場合はございます。ご了承ください。
バックナンバー
12月23日(月)
【動画】過去最大の大阪桐蔭特集がクリスマスイブからスタート!

12月24日(火)
【コラム】3季ぶりの甲子園出場・全国制覇を狙う大阪桐蔭の現在地。「我の強い集団が1つになったとき」
【動画】大阪桐蔭のバッティング練習にド接近!西野や池田など秋の主力組が快音連発!

12月25日(水)
【コラム】超一流だけではない。全部員を活躍させる大阪桐蔭メソッドに迫る vol2
【動画】大阪桐蔭のボール回しを肌で感じる!覇気の強さがビンビン伝わる!
12月29日(日)
【コラム】ブームが起きそうな大阪桐蔭の効率的ボール回し、体幹トレーニングを特別公開!
【動画】大阪桐蔭のトレーニングを公開!他にはない一味違った方法が多数!

12月30日(月)
【インタビュー】もう一人の規格外の逸材・関戸康介が明徳義塾中、大阪桐蔭でプレーする理由【前編】

1月3日(金)
【動画】スペシャル編 大阪桐蔭の現在地。「我の強い集団が1つになったとき」

1月6日(月)
【インタビュー】憧れは野茂英雄。世界一、日本一の投手になるために1分1秒を無駄にしたくない 関戸康介(大阪桐蔭)【後編】

高校野球ドットコムチャンネル

関連記事
◆他のインタビュー記事はこちら!
◆中京大中京の注目スラッガー・印出太一に迫る⇒「高橋監督を日本一の男にする!」と宣言した男気溢れる大型捕手!
◆明石商の注目スラッガー・来田涼斗に迫る⇒ドラフト1位になるための課題