昨年の春に大阪桐蔭打線を苦しめて、一躍有名になった近大泉州の中尾純一朗。左腕から140キロ近いクセ球を投げ込み、強打者を手玉に取ってきた。冬場はフォーム改善を行い、更なる高みを目指そうとしている。今でこそ、プロのスカウトも注目するような投手になってが、中学時代は無名の存在だった。彼はどのようにして、成長を遂げたのだろうか。

大阪桐蔭戦に登板するまでの成長過程

中尾純一朗(近大泉州)

 大阪府堺市出身の中尾は、小学2年生の時に友人に誘われて、ソフトボールを始めた。左投右打の中尾だが、投げる以外は全て右利き。左投げになったのは「投げやすい方が左だった」というシンプルな理由からだ。

 浅香山中では軟式野球部に入部し、ここで本格的に野球を始めた。最初は投手志望だったが、メインは一塁手。当時はまだ投手として、公式戦を任せてもらえないレベルだったという。

「周りより球の勢いは強いと言われていたんですけど、コントロールが試合を作れないレベルの悪さだったので、公式戦は投げられない感じでした」

 練習試合では登板する機会も多く与えられたが、信頼を勝ち取れるほどの結果を残すことはできなかった。チームとしても、府大会4回戦進出が最高成績。「実績はほとんどないです」と話すように中学時代は決して際立つ存在ではなかった。

 高校では強いところでやりたいという漠然とした思いを抱いていたが、実績のない中尾にはなかなか強豪校から声がかからなかった。そんな中で近大泉州から誘いがあり、入学を決意。高校では再び投手に挑戦した。入学当初は高校のハードな練習についていくのに苦労したが、次第に練習の成果が表れるようになった。

「最初は練習についていくのもキツかったです。1年生の最初の時期に走ったり、トレーニングをしたりして、体が強くなってきたからなのかは、わからないんですけど、夏に新チームになって投げたら、コントロールも悪いんですけど、まだメチャクチャというほどではなくて、ボールも強くなっていました」

 さらに体作りにも力を入れてきた。入学当時から身長は180センチを超えていたが、体重は70キロしかなかったという。「痩せ体質で食べなかったらすぐに体重が落ちる」という中尾は食事量を増やして、懸命に体重を増やそうとした。清水雅仁監督の話によると、体重を増やすために辛そうな顔をしてご飯を食べる姿を見た寮の関係者が心配することもあったという。こうした努力の甲斐もあり、現在は身長185センチ、体重80キロとドラフト候補に混じっても見劣りがしない立派な体格になっている。

 高校で急成長を遂げた中尾は1年秋からベンチ入りするようになり、投手として台頭するようになる。2年春にはエースナンバーを背負い、大阪桐蔭戦の先発を任されるまでになった。「向かって行くしかなかったので、とりあえず一生懸命投げました」と名門相手に堂々たる投球を見せ、3失点完投。敗れはしたが、世間に与えたインパクトは大きかった。

 好投した中でも、「詰まらせているな、という当たりでも簡単に外野の頭を抜けそうになるので、強いチームは違うなと思いました」と相手打線の強さも実感した。その後はプレッシャーで調子を落とすこともあったが、「四球を出しても動揺しなくなって、マウンドでの余裕が出てきました」と自信を掴むきっかけにもなった。

注目が集まる進路も、まずは夏の戦いに集中したい

中尾純一朗(近大泉州)

 夏も3回戦の大体大浪商戦で7回1/3を3安打無失点に抑えるなどの活躍。「ある程度良い感じで投げられたと思います」と大会を通じて手応えを感じることができていた。

 秋は先発した3回戦の東海大仰星戦で敗退。6回1失点と先発の役目は果たしたが、「ボールの球威が足りなかったので、全体的に飛ばされたと思います」と思うような出来ではなかった。

 その時から悩まされていたのが、左肘の痛みだった。靭帯の軽い損傷により、冬以降は休校明けまで、ほとんど投げることができなかったという。故障の大きな原因は投球フォームにあった。

「元々、横気味で投げていたのですが、悪い時は凄く負担がかかっていたみたいです。今までは手投げでやってきたのですが、それでは投げられなくなったので、体を使って投げることを考えてやってきました」

 これまでは腕の力に頼って投げており、その積み重ねが肘の痛みへと繋がっていた。冬場はほとんどボールを投げず、下半身やインナーマッスルの強化に着手。それと同時に腕の位置を上から投げ下ろす投球フォームの改善にも取り組み、より負担の少ない投げ方の取得を目指した。

 休校期間中にもキャッチボールなどで投球フォームを固め、自粛明けにはオーバースローでキレの球を投げられるようになっていた。現在のフォームの手応えを中尾は次のように語る。

「横から投げていた時の方がいいボールが投げられたかもしれないですけど、今は体を使って投げられています。1試合での球数も投げられるようになって、怪我の可能性も低くなりました。夏の大会を用意してもらったので、なんとか最後に活躍したいと思っています」

 思い切ってフォーム改善をしたことで、故障の不安もなくなり、長いイニングを投げられる自信を持てるようになった。今年は夏の甲子園こそ中止になってしまったが、独自大会で大阪一を決めることができる。最後の大会に向けて、中尾はこう意気込みを語ってくれた。

「チームを勝たせたいので、流れを作れるピッチングをしたいです。強いチームに勝つのが近大泉州の目標なので、どこと当たって勝ち上がっていけるように頑張っていきたいです」

 近大泉州は中学時代に実績のない選手が3年間で力をつけて強豪校と対等に戦うチームを作るのが特徴だ。中尾も無名だった中学時代から大きく飛躍した一人。ラストサマーはこれまでの練習の成果をぶつける舞台にするつもりだ。

 昨年の大阪桐蔭戦で好投してからはプロのスカウトからも注目されるようになった。その一方で、国公立大への進学も視野に入れられるほどの学力もある。今後については、「まだ迷っています」と明確な進路は明言していない。「夏の大会が終わるまではしっかり高校野球をしっかりやりたいと思います」とまずは目の前の戦いに集中する予定だ。

 将来の理想像については、「もっと体を使って強いボールを投げて、三振を取って、勝てるピッチャーになりたいです」と話す。ランディ・ジョンソン、CC・サバシア、アロルディス・チャップマンなど、メジャーリーグの大投手を参考にしており、よりスケールの大きい投手を目指している。

 高校で一気に株を上げた左腕はまだまだ伸びしろがある。これからどんな野球人生を歩んでいくのか、楽しみにしたい。

(取材=馬場 遼)


関連記事
◆【組み合わせ】夏季茨城県高等学校野球大会 水戸地区
◆茨城最速投手!常総学院の注目右腕・菊地竜雅を変えた2つの試合とは?
◆【組み合わせ】2020年夏季茨城県高等学校野球大会 県西地区
◆【組み合わせ】2020年夏季茨城県高等学校野球大会 県南地区