3年前、野球界に衝撃を与えた森木 大智(高知)。軟式野球ながら150キロを計測し大きな話題となったが、その森木と熾烈な争いを演じた男を忘れてはならない。当時144キロを計測した伊藤 樹だ。

 現在は仙台育英のエースにまで成長し、最速147キロを計測するストレートに軸に多彩な変化球を駆使する世代屈指の好投手にまで成長した。ラストイヤーとなる2021年の高校野球界の中心となることは間違いない伊藤は、ここまで順風満帆のように見えるが、その道のりは決して簡単ではなかった。


華々しいデビューの裏であった高校野球の壁

1年生の時の伊藤樹

 真っすぐで強い眼差し。そして時折見せるさわやかな笑顔が印象的な伊藤。しかし取材が始まれば落ち着いた口調で、1つ1つ丁寧に受け答えしていく冷静でクレバーな対応も伊藤の魅力だ。

 中学時代は144キロを計測するストレートに加えて、精度の高い変化球も光る投手として、「スーパー中学生」として注目を集めた。その注目に応えるかのように、入学してまもなくの春季県大会で背番号11を付けてベンチ入り。その後の東北大会でもベンチ入りし、140キロ前後の快速球とキレのある変化球を投げ込み、好投を見せ、華々しいデビューを飾る。

 だが、伊藤本人の感触は真逆だった。
 「軟式から硬式に変わったことが一番大きな変化で、抑えるのに苦労しました。これまでどうにかなったことが、通用しなくなりました。難しさも感じながらですが、楽しさもありました」

 ただベンチ入りしている以上、チームの勝利のためにプレーすることが求められる。そこで須江航監督から言われたことはストレートを磨くことだった。
 「140キロ前後は計測していたと思いますが、『ストレートの質や力強さ。さらにはフィジカル、フォームを見直していけば変化球も活きて抑えられるようになる』と指導をいただいてからずっとテーマにして練習しています」

 その後、ストレートを課題に据えながら伊藤は練習に打ち込み、夏の大会でも背番号18を付けてベンチ入り。4試合に登板するなど1年生ながらチームの勝利に貢献する活躍をし続け、チームは見事優勝。甲子園出場を果たし、伊藤はそのまま甲子園でもメンバー入りすることとなる。

「悔しかった」の一言に尽きる1年生の秋

インタビューに答える伊藤樹

 甲子園に初めて辿り着いた伊藤の全国デビューはすぐ来た。初戦・飯山戦でマウンドに上がり、2回を無失点に抑えるピッチング。初の甲子園のマウンドは上々の内容だった。
 「応援席が多く、1球ごとに声援や流れが変わることがわかりました。『これがテレビで見た甲子園か』と思いながら投げていましたが、試合は点差が開いていましたので、緊張しながらも気持ちよく投げることが出来ました」

 チームはその後、順調に勝ち進んでいくと準々決勝で奥川 恭伸(現東京ヤクルトスワローズ)擁する星稜と対戦。「これまでの投手起用を見ていて『先発があるかもしれない』と思っていました」と心の準備はできていたが、結果はついてこない。

 夏の大会初の先発だったが、2回途中で5失点を喫して降板。試合も1対17で敗戦し、伊藤の初めての夏が終わった。
 「思い切ってやれるだけ投げてこいと言われましたが、試合を崩してしまいました。緊張をしていたこともありますが、自分のレベルが足りませんでした」

 この敗戦を胸に刻み、伊藤はチームを勝たせられる投球を目指して、引き続きストレートを磨くことをテーマに掲げて秋に向けて準備を進めていった。ただ、ここで大きな壁にぶつかることとなる。

 「ストレートの球速アップ、そしてボールの強さを出すために、右腕の使い方を変えようとしたんです。元々、左足の着地の時にトップの位置がバラバラになっていたので、テイクバックをコンパクトにしようとしたら、フォームが崩れました」

 上半身と下半身のタイミングが合わなくなり、肘が上がってこない。そのまま投球動作に入ることで、無理な力が加わることで負担が増える。また腕が遅れてしまい、身体が開いた状態で思うようなボールがいかなくなった。

 「自分の良さをすべて無くしてしまいました」と伊藤は振り返るが、フォームを見失うだけではなく、コンディション不良となり、東北大会までベンチ入りするが、その後の神宮大会ではベンチ外。高校野球で初めてスタンドから仲間たちを応援する側に回った。

 「悔しかったです」

 この一言に伊藤の想いが伝わってきたが、ここから伊藤の復活劇が始まった。

 今回はここまで。次回は伊藤投手の復活から現在に至るまでのプロセスに迫っていきます。

(記事=田中 裕毅)