薩南工vs徳之島

試合巧者ぶりを発揮・薩南工 

 薩南工と徳之島の対戦は今春の同じ3回戦以来である。この時は薩南工が8対2で勝利したが、今回も薩南工が試合巧者ぶりを発揮して、徳之島の挑戦を退けた。

 

 1回裏、徳之島が二死二塁のチャンスで4番・太良優伸主将(3年)がレフト前ヒットを放ったが、薩南工は見事な中継プレーでホームアウトをとり、先制を許さなかった。

 

 5回表、薩南工は二死一二塁のチャンスに2番・澤津橋乙也(2年)がライト前タイムリーを放って先制。6回は先頭の4番・柳元義貴主将(3年)がレフト線二塁打で出塁し、6番・竹内七海人(2年)が犠牲フライでそつなく追加点を挙げた。

 

 9回表は途中出場の1番・菊永圭祐(3年)が右中間二塁打を放ちダメ押した。

 

 エース柳元は球威のある直球と変化球を武器に徳之島打線をほんろう。強打の徳之島打線が「打たされる」シーンが目立った。散発4安打で一度も本塁を踏ませなかった。

 

(文=政 純一郎)


関連記事

高校野球ドットコムの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索