高岡商vs佐久長聖

高岡商が31年ぶりに3回戦へ!佐久長聖との接戦を制す!

 佐久長聖は初回に眞銅の四球、上田の安打などで一死満塁としたがあと一本が出ず。立ち上がりの大きなピンチを凌いだ高岡商はその裏、一死二塁から3番・中村が適時二塁打を放ち1点を先制。2回にも9番・山田、2番・鞍田の適時二塁打で加点し序盤で3点のリードを奪った。

 追う佐久長聖は3回に上田、上神の連打でチャンスを作ったが1点止まり。4回の攻撃で先発・林に代打を送り攻めの姿勢を見せたが2番手としてマウンドに立った小嶋も代わり端に2点を失ってしまう。

 5回を終えて5-1と高岡商が4点リード、相手にペースを握られていた佐久長聖だが6回に西藤の死球と代打・樋口の二塁打でチャンスを作ると、斎藤がセンター前に適時打を放ち2点を返す。7回に3番手・北畑が高岡商の7番・井林にフェンス直撃の三塁打を浴びたが、ランニング本塁打を狙った井林を見事な中継プレーで刺しホームタッチアウト。6点目は与えなかった。

 中盤から終盤にかけて流れを引き寄せた佐久長聖は2点を追う9回、堀北、代打・上原の連打で同点の走者を出す。しかし代打・大池はバントをフライにしてしまいアウトカウントが増える。打順がトップに返り、眞銅の放ったセンター前に抜けそうな打球は高岡商のショート・中村がファインプレーでつかみ二塁フォースアウト。追い詰められた佐久長聖だが、上田の放った難しいバウンドのゴロが相手の失策を誘い1点差に迫る。なおも同点の走者を二塁に、逆転の走者を一塁に置き3番・上神のカウントはフルカウント。外野の間を抜ければ逆転確実の場面を作ったが、結果は空振り三振。高岡商のエース・山田が力を込めて投じた144キロのストレートの球威が勝った。

 

(記事=文:小中 翔太)


関連記事

高校野球ドットコムの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索