尚志館vs志布志

「同郷対決」に終盤打線爆発!・尚志館

尚志館4点目のシーン

 尚志館と志布志はどちらも志布志市に学校がある同郷同士。互いに手の内を知り尽くした相手である。

 先手を取ったのは志布志。2回裏二死二塁から9番・富永南央斗(3年)のレフト前タイムリーで先制した。3回裏には、5番・山重優佑精(2年)の犠牲フライで追加点を挙げた。

 4回まで毎回安打でチャンスを作りながら拙攻が続いた尚志館だったが5回、先頭の2番・長元瑛希(3年)のライト前ヒットを皮切りに4連打を浴びせる。4番・窪田翔太(3年)のライト前タイムリーで同点に追いつき、7番・宮脇聖真(3年)のセンター前2点タイムリーで逆転に成功した。

 中盤以降は尚志館打線が持ち味の強力打線で畳みかけ、8回コールド勝ちした。

(文=政 純一郎)


関連記事

高校野球ドットコムの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索