都立小山台vs早稲田実業

都立小山台、安居院の投打にわたる活躍で早稲田実を破る!流れを呼んだ池本の3ラン

ホームランを放った池本仁志(都立小山台)

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 早稲田実業と都立小山台は、東京の私立と都立を代表する伝統校だ。もっとも、都立小山台は昨夏の東東京大会で準優勝しているとはいえ、野球の実績では、早稲田実業が大きく上回る。しかし都立小山台は粘り強い野球で強豪校と互角に渡り合い、最終的に勝利を物にした。

 試合は1回裏に早稲田実業は茅野 真太郎の右犠飛で先制すると、4回表には8番・長谷川航大の左前安打で1点を追加。早稲田実業ペースかと思えた。けれども都立小山台の三塁手・上江洲礼記の好守もあり、序盤3回で都立小山台が併殺を2個決めるなど、失点を最小限に抑えた。「後半勝負だと思っていたので、ついて行けば勝機はあると思っていました」と語る都立小山台の福嶋正信監督にとっては、悪いペースではなかった。

 逆に早稲田実業の先発・伊藤 大征は、今までになく制球や球威が良くなかった。

 そして5回表、都立小山台はこの回先頭の8番・藤原光基が二塁打を放つと、この試合粘りの投球をしている9番の安居院勇源の犠打は野選となる。そして1番で主将の池本仁志が積極的に打ちに行った打球をライトオーバーフェンスの3ランとなり、都立小山台が試合をひっくり返した。この一発で都立小山台に勢いづき、都立小山台に流れを呼ぶことになった。

 もっとも今大会好調の早稲田実業打線がこのまま引き下がるわけがない。6回裏この回先頭、4番の生沼 弥真人がレフトに特大の一発を放ち同点に追いつく。さらに一死二塁から、7番で6回から登板している宇野竜一朗が左前安打を打ち、早稲田実業が勝ち越した。

 それでも都立小山台には落ち着きがあり、早稲田実業の方に気持ちの余裕がなかった。7回表は一死二、三塁から都立小山台の3番・笠原柊真の左前安打で同点に追いつく。さらに一死一、三塁で笠原が二盗すると捕手の送球が悪送球となり、三塁走者が生還し勝ち越した。

 それでも早稲田実業は7回裏二死満塁のチャンスを作り、6番・千葉翔の中前安打で2人が生還し、白熱の攻防は、早稲田実業が再度逆転した。

 都立小山台の先発・安居院は、打たれても決して冷静さを失わない。「今まではバッター、バッターという感じで周りが見えていませんでしたが、今日は冷静にできました」と語る。勝負を決める安打を放ったのも、安居院だった。

 8回表都立小山台は6番・森喜洋の三塁打などで一死一、三塁とし、9番の安居院。安居院が右方向にしっかり叩いた打球は右中間を破り2人が生還。都立小山台がまたも勝ち越した。「みんなの応援が打たせてくれました」と、安居院は語る。

 それでも早稲田実業は9回裏、内野安打が2本続き、打席には本塁打を放っている生沼が入る。生沼は三塁に痛烈な打球を放つが、都立小山台の三塁手・上江洲が好捕した。上江洲はこの試合4番であったが、打撃の方では貢献できなかった。それでも守備で再三ピンチを救っており、完全なラッキーボーイになっている。安居院は後続の2人も抑えて試合終了。都立小山台が7対6の打撃戦を制した。

 試合後都立小山台の福嶋監督は、「よく戦ったよ、積極的にね」と語った。都立小山台の積極的な姿勢が、強豪私立の壁をまたも破った。都立小山台は春季大会では10年ぶりのベスト4。昨夏の準優勝も含め、強さが本物になりつつある。

 一方早稲田実業は圧倒的な打力で準々決勝まで勝ち上がったが、接戦で力を発揮できなかった。

(文=大島 裕史)
(写真=編集部)


関連記事

高校野球ドットコムの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索