東海大市原望洋vs君津

7回コールドで東海大市原望洋が勝利、県大会へ勝ち進む

東海大市原望洋先発・池田

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 千葉県の第8地区の最終戦、東海大市原望洋と君津の県大会への切符をかけた一戦。試合は2回から動く。

 後攻の東海大市原望洋は5番・田畑がレフト前で出塁すると、7番・向川のエンドランで二死二塁。ここで9番・池田の流し打ちで先制。さらに続く1番・野口(翔)のタイムリーでもう1点。東海大市原望洋が2回に2点を奪いリードする。

 東海大市原望洋の先発はサウスポーの池田。軸足となる左足の踵を浮かせながら右足を上げて、そこから前へ重心移動。粘り強さをもった下半身を使って低く沈み込みながら、開きをギリギリまで抑えたところから一気に体を鋭く回転。力強いストレートと切れ味の鋭い変化球を駆使してバッターを抑えていく本格派左腕。その池田が君津打線を4回まで無失点に抑える。

 打線は4回に先頭の8番・齊藤と9番・池田の連続ヒットでチャンスを作ると、1番・野口(翔)と2番・望月の犠牲フライで2人が生還。4対0とさらにリードを広げて主導権を握る。5回に君津8番・新井に本塁打を許し1点を返されたが、5回は1点、6回は3点と着実に点数を重ねる。

 そして7回に再び君津に1点を返されるものの、直後の攻撃で1点を奪いコールド成立。東海大市原望洋が9対2の7回コールドで勝利した。

 勝利した東海大市原望洋は各打者の体格ががっちりしており、バットはしっかり振れているもののもう1つ決め手に欠ける印象を受けた。もう少し打線のつながりが出てくると、戦国千葉の中でも驚異の破壊力となりそう。県大会でレベルの高い投手相手にどう攻めていくのか、注目していきたい。

 そして投手陣は先発の池田に2番手・木村は、それぞれ課題が見えた。池田は序盤のボールの勢いが中盤からなくなって来ていた。自分でセーブをしていたのなら問題ないが、初回に見せたボールの勢いが中盤くらいに陰りが見え、高めに来るボールには力があるが、低めには来ない。下半身に疲れが来そうなフォームなだけに、スタミナ含めて県大会までにどうしてくるのか。

 また、エースの木村は7回に登板するも先頭打者にヒットを許すなど1失点とピリッとしない。きれいな投球フォームからストレートと縦の変化球を投じていたが、カウントを悪くすることが多かった。ボールのキレは良かった印象なだけにどうやって有利なカウントを作るかだろう。

(記事=田中 裕毅)


関連記事

高校野球ドットコムの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索