都立城東vs都立大森

7回コールドで勝利した都立城東!選手それぞれが高い能力を発揮

本塁打を放ち、ベンチに戻ってきた千野【試合の様子をギャラリーでチェック!】

 今夏の東東京大会でまさかの2回戦敗退という悔しい結果に終わった都立城東。悔しさを胸に新チームが初戦の都立大森相手に爆発した。

 初回、1番・中垣がライト前でチャンスメイクすると、2番・清水がセンターオーバーの三塁打。都立城東がわずか3球で1点を奪うことに成功。この打席について清水は、「初球からどんどん振っていった方が相手にプレッシャーをかけることが出来るので、常に意識しています。あの打席も初球からどんどん振っていこうと思ったので、そこで打って結果を残せたのは良かったです」と振り返った。

 またショートの守備では三遊間への打球でも軽快な動きで追いつき、力強い送球を見せる。特に参考にしている選手はいないそうだが、「どこに打球が来てもいいように、捕ったらどこに投げるか」を考えて動いている。さらに気配りも良くできており、試合中にマウンドの林に積極的に声をかけているのが印象的だった。内田監督も「いいタイミングで声掛けができています」と評価していた。

 その清水のタイムリーからチャンスが続き、4番・千野がレフトフェンスを越える本塁打。これで都立城東が3点を先取した。千野にとってこの本塁打で高校通算7本目。「初めての公式戦で体が震えるくらい緊張しましたが、あの本塁打で緊張はなくなりました」という千野はノーステップで重心を下げたどっしりとしたフォーム。そこからコマのように軸で回転して打球を飛ばしていく。このフォームについて、「一本足もやったことがありますが、速球に合わなかったのでノーステップにして一発狙いの打ち方にしています」

 またこのフォームを固めるために、千野は色んな選手の技術を参考に取り入れている。
 「下半身の使い方は大谷 翔平、上半身は村上 宗隆の使い方を参考にしながらフォームを固めました」

 3点の援護点をもらった都立城東の先発は1年生の林。「初めての公式戦のマウンドでだいぶ緊張しました」という林は、一塁側プレートを使い、インステップ気味で右足を踏み出して角度をつける。その林は初回、2回と満塁のピンチを招くも「とにかく低めに」という意識で投げ込み、無失点に抑える投球を見せる。

 林は夏休みは中1日でブルペンに入り、投球フォームを固めてきた。その中でポイントは歩幅だった。
 「前までは6歩半だったのですが、それでは沈みすぎたので6歩に変えました。そうしたら下半身が踏ん張って投げられるようになり、力強いボールが投げられました」

 追加点が欲しい都立城東打線は4回には1番・中垣のタイムリーなどで2点を追加。5回も6番・陶のタイムリーで6対0で5回まで終了。そして7回には打者12人の猛攻で一気に8点を奪い勝負あり。都立城東が7回コールドで勝利した。



都立大森先発・片山

 試合後、内田監督は「前のチームは3年生主体のチームでしたので、経験が浅い選手が多いんです。なので、試合を通じて少しフワフワしている選手が多かったですね」と初めて公式戦ならではの反省点を上げた。
 また新チーム当初は「複雑なことはやらず、シンプルなことをしっかりやる。個の力を高めることをテーマにしていました」と内田監督。特に打撃では1キロ以上のバットを使ってティーバッティングを行いスイング強化した。

 この練習を通じて4番の千野は「速球にも振り遅れることなくスイングできるようになった」と大きな効果があった。千野だけではなく、今日の試合では選手それぞれのスイングには鋭さを感じられ、ライナー性の強い当たりを多く飛ばしており、強打の印象を受けた。それは夏の成果の表れなのだ

 そして走塁にもこだわり、夏休み期間中に先の塁を狙う意識などチーム全体に浸透させてきた。この試合でも走塁では相手のミスを狙って果敢に次の塁を陥れることが出来た。

 日頃の練習の成果が随所に見られたが、内田監督の目には「今日はたまたま結果が出ただけで、まだダメですね」と反省の一言。ただその反省はポジティブなものだった。
 「一見したらできているように見えますが、一瞬の勇気が出ていなかったので、一歩目が遅かったですね。そういった課題が見つかったのは収穫だったと思います」
 しかし次勝てば都大会。今日出た課題を確実につぶして、都大会への切符を掴んでほしい

 一方で敗れた都立大森。先発の片山は小さなテイクバックをとってからトップを作り、オーバースローの高さで腕を振る。ストレートとスライダーを軸に相手を打たせて取る投球だったが、甘いボールを痛打された。また味方のミスなどで一気に崩れてしまったが、丁寧に投げ続けられれば最少失点で済んだだろう。

 そしてチーム全体として非常に明るく、ベンチから勢いを作ろうとする姿勢が見えた。こういったチームは一度勢いづくと簡単には止められない。これからのオフシーズン、ベンチからの勢いをどうやってプレーに反映させるか。選手個々のレベルアップが課題となってきそうだ。

(文=編集部)


関連記事

高校野球ドットコムの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索