昨秋8強・宜野湾が1点差ゲームを制する!

宜野湾 大城

  秋のベスト8宜野湾が登場。だが先制したのは昭薬大附だった。
 1回裏、昭薬大附は2番伊波夏南斗が四球で出塁すると3番清水喬士郎、4番上地球太に連打が出て先制点を挙げた。追う宜野湾は3回、8番東江晋之介に二塁打が飛び出すと、濱川真那津がバントをプッシュする頭脳的なプレーで一・三塁とチャンスを広げ、一死後、具志堅統の内野安打タイムリーで同点とした。

 しかし昭薬大附はその裏、トップの福崎泰成がセンター前ヒットで出塁。調子の上がらない宜野湾濱川が制球を崩し二者連続の四死球で満塁。ここで4番上地がライトへのフライ。

 浅いと感じた三走はタッチアップを躊躇したが、一塁走者が飛び出しており、併殺となってしまった。だが5番仲村颯真がレフト前へ運び三走が悠々と生還。昭薬大附が、宜野湾と互角の勝負を展開していった。

 このままでは終われない宜野湾は5回、ヒットと相手のフィルダースチョイスで二死一・二塁。3番宮里陽政の当たりはライトの前へ。しかし二塁走者にミスが生じ三塁止まり。嫌な空気が流れる中、頼れる主将であり4番である大城心輝のバットが火を吹く。

 「全く自分たちの野球が出来ていなかった。自分のことよりも、みんなのことを考えていたので、素直に喜べなかった」と語った大城だったが、センターの横を破る、チームを救う走者一掃のタイムリー二塁打を放った。

 昭薬大附も6回から登板したアンダーハンドの清水が、宜野湾打線を僅か1安打に封じる好投。9回裏に9番呉屋大武に犠牲フライが出て1点差に詰め寄るがここまで。宜野湾が辛くも勝利を収めた。

 敗れた昭薬大附だが、最後まで分からない好ゲームを展開した一つの要因が、捕手の茂見とマウンド、そして二遊間を守った清水、仲村、福崎の4人が目を見張るプレーを披露してくれたこと。夏へ向けて自信になった一戦だった。

(文=當山 雅通)