嵯峨野がコールドで連合チームを下す

 嵯峨野が5回コールドで連合チームを下した。

 嵯峨野は1回裏、一死満塁から5番・和田豊(3年)が四球を選び、押し出しで先制点を挙げると、相手のバッテリーミスの間にもう1点追加する。

 対する連合チームは2回表に一死一、二塁のチャンスを作ると、7番・助口泰地(農芸2年)が右前安打を放つが、嵯峨野の見事な連係プレーにより、二塁走者が本塁でタッチアウト。得点を奪うことができない。

 その後は一方的な展開となる。嵯峨野は2回裏に一死満塁から3番・下世古晋太郎(3年)の2点左前適時打で追加点を挙げると、その後も相手のミスに付け込み、この回だけで5点を奪う。さらに3回に2点、4回に6点を加え、5回コールドをほぼ確実にした。

 何とか意地を見せたい連合チームは5回表に二死から1番の山中翔太(農芸3年)が相手の失策で出塁すると、盗塁を決めて、二塁に進む。ここで2番・出野慧斗(朱雀2年)が左中間に適時二塁打を放ち、待望の1点を挙げる。続く富山春真(農芸1年)は三振に倒れたが、連合チームにとっては価値のある1点となった。

 農芸は1年生が8人入部したことで単独チームを組めることになったが、部員4人の朱雀と部員1人の京都教大附に対する配慮から特別に連合チームで出場することを許可された。3年生は主将の山中と京都教大附の原田真弥の2名しかいない。濱邉航監督(農芸)は「よく頑張りました。京都府の高校生の中では一番寂しい思いをした二人だと思いますが、色んな人の支えで一番温かい終わり方ができたと思います」と3年生の2人を労った。

 この大会を持って連合チームは解散し、農芸は単独チームで秋の大会に挑む。4人の1、2年生が残る朱雀と部員が0になる京都教育大附属の先行きが心配されるが、今後の動向に注目したい。

(記事=馬場 遼)